2009.09.28    カテゴリ:  昆虫類 

   ミヤマアカネ<深山茜>

8月9日、トンボ科アカネ属のミヤマアカネというトンボがいた。
体長3.5cmほどのやや小型のトンボで、成虫は6~11月に見られる。

ミヤマアカネ2-090809
この個体は早朝に植物の上でジッとしてた。
羽も柔らかかったので、羽化して間もない未熟な個体だと思う。

ミヤマアカネ3-090809
ミヤマアカネを捕まえた場所。上江津湖に加勢川が流れ込むところで、水生植物や大きな樹木が茂っている。向かって左手が江津塘。

他のアカネ属のトンボは止水域で見られるが、ミヤマアカネは低山地や山麓の緩やかな流れに生息するという。

ミヤマアカネ1-090809
羽の先の少し内側に褐色の帯があるのが特徴。

未熟な内は雄雌ともに体色は褐色だが、成熟するとオスは全身が赤くなる。

2009/08/09撮影
参考文献:トンボのすべて改訂版 井上清・谷幸三共著 トンボ出版、
くまもとの自然シリーズ1 江津湖の自然 監修 熊本大学名誉教授 吉倉眞/発行 熊本生物研究所

こんにちは!
翅の模様が特徴ありますねー!
とんぼも田舎に行かないと
なかなか見れなくなりました。!






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog