FC2ブログ

2020.04.14    カテゴリ:  魚類 

   ニゴイ スペシャル

 
3月。
江津湖の早瀬に、ニゴイHemibarbus Barbus(Temminck and Schlegel,1846))たちが集まっていました。まるで追いかけっこをするように早瀬の中を泳いでいます。

大きいものでは50cmにもなります。流れの緩やかな低層部に多いとされます。
日本固有種。昔の江津湖では見かけなかったので、国内外来種の可能性があります。

図鑑によると、繁殖期は4~7月で、一匹のメスを複数のオスが追跡し、砂礫の中に卵をばらまくとあります。
この時はちょうど産卵が近かったのかも知れません。

底生動物を中心とする雑食性で、小魚を食べることもあるようです。
なので小さなスプーンなどのルアーで釣れます。



臆病な性格で、いつもは人から十分な距離をとるニゴイですが、この時は遡上に忙しそうで割と接近できました。

ニゴイ20200321-225江津湖(700)
E-620 ZD50mm Macro f5 1/180秒 ISO250




オイカワと並んで早瀬を泳ぐニゴイ

ニゴイ20200321-228江津湖(700)
E-620 ZD50mm Macro f5 1/180秒 ISO250




すぐ近くを泳ぎ去るニゴイ

ニゴイ20200321-233江津湖(700)
E-620 ZD50mm Macro f5 1/180秒 ISO250




鼻先に追星を見ることができます。

ニゴイ20200321-236江津湖(700)
E-620 ZD50mm Macro f5 1/180秒 ISO250




コイ(飼育型)と一緒に群れて下ってきたところ。瀬を上っては下る。

ニゴイ20200321-241江津湖(700)
E-620 ZD50mm Macro f5.6 1/180秒 ISO250




下の写真の個体は小型で、ニゴイの幼魚の特徴である、体側面の暗色斑がうっすらと残っています。

ニゴイ20200321-218江津湖(700)
E-620 ZD50mm Macro f5 1/180秒 ISO320



いつになくニゴイに接近できたのでした。


2020/3月撮影 江津湖にて
参考:山渓ハンディ図鑑15 日本の淡水魚(編・監修/細谷和海、写真/内山りゅう).2015.山と渓谷社

コメントありがとうございます。
まさに鮫ですね!小骨が多いけどフライにしたらおいしいそうです。
S小は出水中バドミントン部の練習場でしたよ。
  • 管理人のみ閲覧できます
  •  - 
  • 2020.04.16 16:09  
  •  [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog