2009.08.30    カテゴリ:  昆虫類 

   コオニヤンマ<小鬼蜻蜒>

加勢川沿いの遊歩道を歩いていて、地面に止まっているトンボを甥っ子が見つけた。
網があったので、甥っ子にやらせたらうまく捕まえた!

コオニヤンマ1-090809

黒と黄色のシマシマボディに、深い緑色の複眼を持っていた。
子供らはオニヤンマを捕まえたと大喜び。自分もオニヤンマだと思った。

でもなんか小さいような気がする。

コオニヤンマ2-090809

帰ってから色々調べると、コオニヤンマのようだ。
日本で一番大きなトンボであるオニヤンマに似ているのでこの名前がつけられた。

日本にはイトトンボ科、カワトンボ科、ヤンマ科などいろいろな種類のトンボがいるが、オニヤンマは「オニヤンマ科」に属し、コオニヤンマは「サナエトンボ科」に属する。ヤゴの形は結構違うようだ。

その他にもいろんな違いがあることが分かった。

オニヤンマは2つの複眼がくっついているのに対し、コオニヤンマは複眼が離れている。
お腹の先端にある生殖弁の形や、止まり方も違う。
オニヤンマは枝などにぶら下がって止まり(ぶら下がり型)、飛び立つとなかなか止まらない。一方、コオニヤンマは平らな姿勢でとまり(うつぶせ型)、飛び立ってもすぐに止まるという。

確かに、地面にうつぶせていたので、最初は死んでるのかと思った。

ついでに、新熊本市史には以下のようにあった。

「県内のトンボ類は現在まで90種が確認されている。市域では67種の生息記録があり、江津湖では1996年(平成8)に44種が確認されている。江津湖で、注目されるトンボ類としてサナエトンボ科のコオニヤンマとヤンマ科のアオヤンマがあげられる。県内でも産地が少なく、とくに市街地での生息は非常に貴重である。・・・(以下省略)」

2009/08/09撮影
参考文献:トンボのすべて改訂版 井上清・谷幸三共著 トンボ出版、
新熊本市史 通史編第一巻 自然・原始・古代 新熊本市史編纂委員会編集 熊本市



kensukeさん、こんにちは。
ご訪問ありがとうございます。

kennsukeさんのブログにあった滝のトンボは、なんでしょうね?
当てずっぽうで、モノサシトンボかな?

またトンボ撮って下さいね!
寅さんこんにちは。
ご訪問ありがとうございます。

コオニヤンマは実物を見て初めて、特徴が理解できました。

江津湖では平成8年に44種ものトンボが確認されているそうです。
道のりは遠いですが、まずはアオヤンマを見てみたいです。
此のごろはよく注意していなければ、見落とすことが多くなりました、コオニヤンマ久しぶりで聞きました。
ほんとだ!
色合いや模様がオニヤンマ
みたいですね!
調べたら違ったんですね!
コオニヤンマって言葉も初めて聞きました。
とまり方まで違うんですね!
納得!^^k






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog