FC2ブログ

2019.05.18    カテゴリ:  江津湖以外 

   飯田山の背比べ

今年も近所のアマガエルが合唱する季節になりました。
今住んでいるところは街中で田んぼもないのですが、日が暮れるととある公共施設からアマガエルの鳴き声が聞こえてきます。


そういえば、連休中に長男と益城町の飯田山に登ったのでした。
飯田山は、熊本市民にはなじみの「託麻ケ原」の東側、益城町にある標高431.2メートルの山です。

途中の石積にニホントカゲがいました。

ニホントカゲ190504-374益城町飯田山(700)




山頂付近は植物が刈り払われ、ちょっとした草地になっています。

長男190504-403飯田山(700)
飯田山三角点190504-381飯田山(700)




マルハナバチの仲間でしょうか。

マルハナバチの仲間190504-394飯田山(700)




シダ植物の若芽です。ワラビなんですかね。昔は西原あたりの草原に、家族でワラビ狩りに行っていました。

ワラビ190504-418飯田山(700)




たくさんあった野の花。名前は分かりません。

山野草190504-421飯田山(700)





遠く金峰山(標高665.2m)を望む。
手前に江津湖が光っています。

江津湖と金峰山190504-410飯田山(700)

国府高校のHPに、飯田山の背比べの話が載っていました。
以下、引用です。



その昔、飯田山(いいださん)が金峰山(きんぼうざん)に背くらべを申し込んだところ、金峰山は「オレに勝つはずがなかろうが」と軽くあしらいました。それに怒った飯田山は「いや、自分の方が絶対に高い!」と言い張り、結局互いの項上に樋(とい)をかけて水を流しどちらが高いのか比べてみようということになりました。

 そこで、山頂間に樋を渡し、水を流してみると、高さ自慢を言い出した飯田山の方へ流れてしまい、すっかり恥をかいた飯田山は背比べなど、もう「言い出ださん」と言ったとか。このことから、いつの間にか「飯田山(いいださん)」と呼ばれるようになったそうです。また、飯田山の頂上付近にある池はこの時の樋の水がたまってできたものといわれています。



引用終わり。


この時使った水は江津湖の水だったという話もあります。
また、江津湖で撮られた昔の写真でも、背景に飯田山や金峰山が写っているものが多く、その山の形から撮影した方角を知ることができます。

金峰山と飯田山。熊本では馴染み深い山なんですが、飯田山に登ったのは初めてで、ずっと残っていた宿題を済ませたような気持になりました。最近一緒に行動することが少ない長男と二人で登れたのもよかったです。ありがとう!



2019/5月撮影 益城町飯田山にて


引用:肥後の民話と伝説.熊本国府高校ホームページ

tiroさん

コメントありがとうございます!

飯田山は下のため池から歩くコース(1時間くらい)と頂上付近の常楽寺まで車で行って歩くコース(20分くらい)がありました。

島原方面は最近行けてませんが、海がきれいでどこも眺めがよく、そうめんやみそ五郎うどんが大好きです(^-^)
雲仙は熊本からもよく見えますね。

> 飯田山は登れるのですね。
> 地震で道がどうなっているか分からなかったです。
>
> 秋になったら、登ってみたいなあ。
>
>
> 私のブログに訪問して下さっていたのに、返信してなくてゴメンナサイ。
> 島原城に西望先生に記念館が有りますね。
> 北有馬には生家が有ります。
飯田山は登れるのですね。
地震で道がどうなっているか分からなかったです。

秋になったら、登ってみたいなあ。


私のブログに訪問して下さっていたのに、返信してなくてゴメンナサイ。
島原城に西望先生に記念館が有りますね。
北有馬には生家が有ります。








トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog