FC2ブログ

2020.05.23    カテゴリ:  江津湖以外 

   アブラボテ Tanakia limbata(Temminck and Schlegel,1846) 2019年撮影

 
江津湖ではほとんど見かけなくなったアブラボテTanakia limbata(Temminck and Schlegel,1846))。
江津湖下流の緑川水系では、ところどころでなんとか見ることができます。

その名の通りあぶらぎった感じの体色をしており、オスは背びれや臀びれが橙色や黒の縞模様になります。
また、口ひげが長いのも特徴です。

アブラボテ190504-262(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(54mm) f5 1/180秒 ISO200





このあたりではマツカサガイやイシガイに産卵していると思われます。
しかし面白いことに、タナゴ類がシジミ類や時にはカワニナをのぞきこむこともあります。

アブラボテ190504-253(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(41mm) f5.6 1/180秒 ISO200


2019/5月撮影 緑川水系の水路にて


Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog