FC2ブログ

2020.05.22    カテゴリ:  遊び 

   五木食品のうどんなど


まばゆい5月だというのに、
新型コロナウィルスのために熊本にぜんぜん行けません。

休日にはせめて熊本にちなんだ食材をということで、美味しくて価格もリーズナブルな五木食品の麺類を食べたりしています。
(実はコロナに関わらず時々食べてます)


まずは王道の粉末スープ付うどん(生タイプ麺)。
昆布風味の効いたスープが優しげです。熊本で暮らしていた時には休日の昼などに父がこれを作ってくれることがありました。
多くはニンジン、玉ねぎ、小ねぎのほか、生姜とともに甘辛く炊いた馬肉の細切れが乗せられ、南九州風の甘口肉うどんとなって食卓に上がりました。

五木食品_うどん_サイズ変更



ちなみに五木食品の工場は我が緑川のほとりにあり、立地的にも思い出深い地元企業です。
工場は熊本地震で被害を被り、しばらく五木食品の製品が入手できなかった時は、本当に悲しかったです。福岡でも店頭に商品が並び始めた時には、熊本の復興を実感することができとてもうれしかったです。

五木食品_うどん裏_サイズ変更



こちらはさらにお得な3食入りです。

五木食品_うどん3食_サイズ変更



3食入りは荒尾工場で作っているようです。
荒尾と言えば、確か似たような「高森」という食品メーカーがあったのですが、最近気づいたのですが2019年9月に五木食品と合併したようです。

五木食品_うどん3食裏_サイズ変更



次はスパゲッティナポリタン。
ベーコン、玉ねぎ、ピーマンを入れて炒めるだけで、お手軽にナポリタンが出来上がります。
高校生の時に母が作ってくれた弁当にもよく入っていました。

五木食品_ナポリタン_サイズ変更
五木食品_ナポリタン裏_サイズ変更




そして熊本では定番のアベックラーメンです。
学生の頃は箱で実家から送ってもらったこともありました。
今でも寒い季節には家族に好評です。あっさりした豚骨スープで、熊本ラーメンらしくゆで卵、きくらげ、チャーシュー(またはハム)、海苔、小ねぎなどが盛ってあると嬉しいですね。

五木食品_ラーメン_サイズ変更



うどん、スパゲッティ、ラーメンともに現在ではいろいろなバリエーションがでています。
だいたい半年くらいは保存が効くので、長期的とは言わないまでも非常食にもなります。

五木食品さんには、これからも変わらずこうした製品を作り続けてほしいです。


2020/5月撮影


Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog