FC2ブログ

2020.01.05    カテゴリ:  魚類 

   冬のオイカワ

 
湧水の流れに日光が差し込んでいました。
いつの間にか水草が光合成を始め、小さなたくさんの気泡が水面へと浮き上がっていきます。

上江津湖湧水域の水温は、年間を通して18~20℃であり、一般的な冬の川と比べるとずいぶん温かいです。

そうしたところで、まだ若いオイカワOpsariichthys platypus(Temminck and Schlegel,1846))たちはのんびりと冬を過ごしているように見えました。

オイカワ20200101-123(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(54) f5 1/125秒 ISO250


2020/1月撮影 江津湖にて
参考:
・山渓ハンディ図鑑15 日本の淡水魚(編・監修/細谷和海、写真/内山りゅう).2015.山と渓谷社
浅川牧夫・開田耕.江津湖・加勢川水系および木山川水系における水温変化とAeromonas 属細菌および大腸菌群の分布.熊本大学教育学部紀要 自然科学46.1997.熊本大学教育学部.219-234頁


Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog