FC2ブログ

2019.07.11    カテゴリ:  江津湖以外 

   梅雨の晴れ間にて(ニッポンバラタナゴ)

 
熊本のとある水路でニッポンバラタナゴを探しました。

ニッポンバラタナゴは、全長4~5cm。熊本ではビンタ、シビンタなどと呼ばれます。外来亜種タイリクバラタナゴに似ますが、タイリクバラタナゴと比べて側線有孔鱗数が少ない(0~5)傾向があります。種の同定には遺伝子分析が必要です。

繁殖期は3~9月で、ドブガイやイシガイなどに数粒の卵を産卵します。仔魚はふ化後20日程度で貝から浮出し、生後半年から1年で成熟します。雑食性。


ニッポンバラタナゴ190706-254(700)
E-620 ZD50mm Macro f5.6 1/320秒 ISO160 自然光



1942年にソウギョ、ハクレンなどの種苗に混じって日本に持ち込まれたとされる外来亜種タイリクバラタナゴとの交雑が進み、今では奈良県、大阪府、香川県、岡山県、九州北部の一部に残るのみだそうです。悲しいことに江津湖の個体群もタイリクバラタナゴと交雑してしまい、純系のニッポンバラタナゴはいないと考えられています。

ちなみに、昭和の日本画家堅山南風(明治20年~昭和55年)が大正15年(1926年)に郷里の江津湖畔で描いた「魚楽園」には、当時江津湖に生息していたニッポンバラタナゴらしい魚がカネヒラとともに描かれており、当時の様子がしのばれます。



2019/7月撮影 熊本県内水路にて(江津湖以外)
参考:
・山渓ハンディ図鑑15 日本の淡水魚(編・監修/細谷和海、写真/内山りゅう).2015.山と渓谷社
淡水魚図鑑(外来種)タイリクバラタナゴ 地方独立行政法人大阪府立環境農林水産総合研究所


Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog