FC2ブログ

2019.07.11    カテゴリ:  江津湖以外 

   梅雨の晴れ間にて(ニッポンバラタナゴ)

 
熊本のとある水路でニッポンバラタナゴを探しました。

ニッポンバラタナゴは、全長4~5cm。熊本ではビンタ、シビンタなどと呼ばれます。外来亜種タイリクバラタナゴに似ますが、タイリクバラタナゴと比べて側線有孔鱗数が少ない(0~5)傾向があります。種の同定には遺伝子分析が必要です。

繁殖期は3~9月で、ドブガイやイシガイなどに数粒の卵を産卵します。仔魚はふ化後20日程度で貝から浮出し、生後半年から1年で成熟します。雑食性。


ニッポンバラタナゴ190706-254(700)
E-620 ZD50mm Macro f5.6 1/320秒 ISO160 自然光



1942年にソウギョ、ハクレンなどの種苗に混じって日本に持ち込まれたとされる外来亜種タイリクバラタナゴとの交雑が進み、今では奈良県、大阪府、香川県、岡山県、九州北部の一部に残るのみだそうです。悲しいことに江津湖の個体群もタイリクバラタナゴと交雑してしまい、純系のニッポンバラタナゴはいないと考えられています。

ちなみに、昭和の日本画家堅山南風(明治20年~昭和55年)が大正15年(1926年)に郷里の江津湖畔で描いた「魚楽園」には、当時江津湖に生息していたニッポンバラタナゴらしい魚がカネヒラとともに描かれており、当時の様子がしのばれます。



2019/7月撮影 熊本県内水路にて(江津湖以外)
参考:
・山渓ハンディ図鑑15 日本の淡水魚(編・監修/細谷和海、写真/内山りゅう).2015.山と渓谷社
淡水魚図鑑(外来種)タイリクバラタナゴ 地方独立行政法人大阪府立環境農林水産総合研究所

2019.07.09    カテゴリ:  江津湖以外 

   梅雨の晴れ間にて(カジカ大卵型)

 

いないなあと半ば諦めつつ脱力して水面を流されていると、それらしい柄がチラッと見えました。

石につかまってからいくつか石をめくり、ようやく見つけました。カジカ大卵型です。

カジカ大卵型190706-576(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(52) f5.6 1/180秒 ISO200





近くにいた別個体。胸鰭軟条数13。

カジカ大卵型190706-621(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(54) f5.6 1/180秒 ISO200



ところでこの親切な解説にもあるように、九州のカジカは大卵型=中卵型という仮説があるようです。
実際のところはどうなのか、凡人はただ続報を待つのみです。



2019/7月撮影 熊本県にて(江津湖以外)

参考:http://d.hatena.ne.jp/OIKAWAMARU/20180606

2019.07.08    カテゴリ:  江津湖以外 

   梅雨の晴れ間にて(オヤニラミ)

 
 
浅瀬にツルヨシが茂る川に、オヤニラミがいました。

江津湖のオヤニラミは人の手で持ち込まれた国内外来種だと考えられていますが、この川はオヤニラミの自然分布河川です。


オヤニラミ190706-431(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(54) f6.3 1/180秒 ISO160





流心の瀬の岩陰や岸辺近くのツルヨシのすき間などにいます。
他の個体を攻撃して縄張を守っているオヤニラミもいます。


ところで、この川のオヤニラミにとっては人間が珍しいらしく、こちらを観察しに近寄ってきます。このようにオヤニラミは本来好奇心がとても強いのです。
しかし近すぎる。

オヤニラミ190706-437(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(54) f6.3 1/180秒 ISO100






ツルヨシの間からジッとこちらをみつめる大型個体がいました。

オヤニラミ190706-448(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(41) f6.3 1/180秒 ISO160







よく見ると、ツルヨシの茎に卵が産みつけられていました。卵を保護しているオスのようです。

オヤニラミ190706-518(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(29) f5 1/180秒 ISO125






最近生まれたらしい小さな稚魚がいました。無事に大きくなれるでしょうか。
午前中は別の場所でオヤニラミの卵がムギツクの群れに襲われるところを目撃しました。オス親はしばらくは目が離せないでしょう。

オヤニラミ190706-470(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(54) f5 1/180秒 ISO160




2019/7月撮影 熊本県にて(江津湖以外)


2019.07.07    カテゴリ:  江津湖以外 

   梅雨の晴れ間にて(ウグイ)


久しぶりに川へ。
  
川190706-761(700)

 




落差下の少し深いところでウグイが産卵していました。

ウグイの婚姻色を見たのは初めてです。ウグイ属の成魚は雌雄ともに婚姻色が出るそうです。


ウグイ190706-697(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(17) f5 1/180秒 ISO200






ウグイの婚姻色はオレンジと黒色で、額から背の方にある青白い点々は追星(おいぼし)です。
図鑑によると追星とは、「繁殖期に表皮が厚く硬くなってできる突起のことで、頭部やうろこ、ひれに生じる。追星の出現パターンは近縁種間で異なることがあり、重要な分類形質となる。」とあります。

ウグイ190706-675(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(47) f5.6 1/180秒 ISO320





2019/7月撮影 熊本県にて(江津湖以外)
参考:山渓ハンディ図鑑15 日本の淡水魚(編・監修/細谷和海、写真/内山りゅう).2015.山と渓谷社


Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog