FC2ブログ

2019.04.16    カテゴリ:  魚類 

   榎の実鉄砲


江津湖のエノキの若葉と青い実。
榎の実鉄砲の弾という使い方もあります。

エノキの若葉190415-408江津湖(700)





春の早瀬190415-279江津湖(700)
春の早瀬190415-281江津湖(700)




つぶらまなこのナマズ君たちが活発にウロウロしていました。春ですね。

ナマズ190415-029江津湖(700)
E-620 ZD50mm Macro f5 1/180秒 ISO200






おしゃれなヤマトシマドジョウ君も。

ヤマトシマドジョウ190415-262江津湖(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(43mm) f9 1/50秒 ISO200





おちょぼ口のムギツクさんたちも。

ムギツク190415-106江津湖(700)
E-620 ZD50mm Macro f5 1/180秒 ISO160




死んだふりのオヤニラミちゃんも。

オヤニラミ190415-235江津湖(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(54mm) f5 1/180秒 ISO200




いつも腹ペコなコイさんも。

コイ飼育型190415-077江津湖(700)
E-620 ZD50mm Macro f6.3 1/180秒 ISO250



2019/4月撮影 江津湖にて

2019.04.11    カテゴリ:  江津湖以外 

   潮の満ち引き


先日、子どもと近所の浜に貝ほりに行ったら、結構とれた。

殻は大きいが身はまだ小さかった。おいしかった。

アサリ190407-039(700)
E-620 ZD50mm Macro f5 1/320秒 ISO160 自然光

自宅から歩いて10分ほどの小さな浜の恵み。無心に浜をほっていると気分がよかった。

そういえば熊本に住んでいたころは、自宅からほぼ同じくらいの距離に江津湖があった。逆に貝ほりには宇土あたりまで車で行っていた。




2019/4月撮影 福岡市博多湾にて


2019.04.07    カテゴリ:  江津湖以外 

   麦畑とヒバリの声


天気がとてもよく、江津湖に行きたかったのですが諸事情で諦め。
子供らが部活から戻ってくるまで、福岡県内の伏流水のある水路へ。


水路の下流域。
直上にあるオオカナダモ地帯が濁りの粒子を沈降させ、水が澄みきっていました。
カゼトゲタナゴやアブラボテがいました。

カゼトゲタナゴ190406-026(700)
E-620 ZD50mm Macro f5 1/180秒 ISO200





水路を遡上して中ほど。
少し濁りが入っていましたが、二枚貝があるので産卵行動や腹黒のオスの闘争も見られます。

カゼトゲタナゴ190406-123(700)
E-620 ZD50mm Macro f5 1/180秒 ISO160

カゼトゲタナゴ190406-144(700)
E-620 ZD50mm Macro f5 1/180秒 ISO160





さらに遡上したところ。
澄んだ深みにカゼトゲタナゴがたくさんいました。ここにも二枚貝があります。

下の写真はラスボス的なオス。大柄で腹が黒く、物陰から時々貝があるらしいところをパトロールして占有しているようでした。
のどかなカゼトゲにしてはなかなか警戒心が強い個体です。

カゼトゲタナゴ190406-175(700)
E-620 ZD50mm Macro f5 1/180秒 ISO160


ここではそのほか、アブラボテ、バラタナゴ、ヤリタナゴ、フナ、オイカワ、モツゴ、イトモロコ、ミナミメダカ、ナマズを確認。
バラタナゴは複数個体を目撃。




バラタナゴです。

ニッポンバラタナゴ190406-204(700)
E-620 ZD50mm Macro f5 1/180秒 ISO160






水面を泳ぐミナミメダカ。

ミナミメダカ190406-232(700)
E-620 ZD50mm Macro f5 1/180秒 ISO160




2019/4月撮影 福岡県内水路にて



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog