2017.11.28    カテゴリ:  植物 

   外来種三昧

 
 
江津湖でブラジルチドメグサが繁茂する中に、ナガエツルノゲイトウがありました。
どちらも特定外来生物です。

ナガエツルノゲイトウ171103-156江津湖




花柄があるので「ナガエ」ツルノゲイトウ。
南米原産の多年草で、茎は長さ1m以上で中空、水中や地上を分枝しながら這う。
花期は5~10月。葉腋から長さ1~4cmの柄を伸ばし、先端に径約1.5cmの白い花序をつける。

やや乾燥した場所も含めて幅広い環境で生育可能だが、水湿地では特に旺盛な繁殖力を示す。
アクアリウム等観賞用に導入後、野外逸出したと考えられています。
世界的な侵略的外来種。植物体断片からの再生力も強く、いったん侵入・定着すると根絶は容易ではないとされています。

ナガエツルノゲイトウ171103-164江津湖





こちらはブラジルチドメグサ
江津湖在来の水草ヒメバイカモササバモがあるそばで、このような大規模なマット状の群落を作られると心配です。

ブラジルチドメグサ171103-443江津湖





さらにボタンウキクサ(通称ウォーターレタス)が加わってます。こんな状態は江津湖では珍しくありません。特定外来ではありませんが、ホテイアオイが混じることもあります。

外来種3種171103-198江津湖



上江津湖、中江津湖、下江津湖の岸際、川、水路、池のいたるところに、特定外来生物の水草が繁茂しています。根絶は無理なのですが、定期的に駆除を続けることで、在来種が生き延びている側面もあるのではないでしょうか。
電気ショッカー船による外来魚駆除についても、色々な背景や事情があるにしろ、やった方がよいと思います。


時々ニュースに流れているように、様々な人たち、団体が外来種駆除に取組んでおられるのはありがたいことです。 
骨が折れる作業ですので、人海戦術が一番です。



下の写真は、今年割とよく繁茂していた在来種のヒメバイカモ

ヒメバイカモ171103-040_サイズ変更




2017/11月撮影 江津湖にて
参考:
ネイチャーガイド日本の水草.角野康郎.2014年9月.文一総合出版:264頁
国立環境研究所 侵入生物データベース

2017.11.25    カテゴリ:  魚類 

   朝に見た魚

 
11月初めに撮った写真です。

 
朝171103-002江津湖




放流物のコイ(飼育型)のほか、フナ、ニゴイ、ウグイ、一匹だけオオクチバス。

魚の群れ171103-028江津湖



ヒゲのナマズどの。

ナマズ171103-209江津湖


この中では、ウグイとナマズは放流されたものではないという点で貴重なのではないでしょうか。


2017/11月撮影 江津湖にて

2017.11.20    カテゴリ:  風景 

   熊本バス 大曲のりば

 
 大曲171103-450江津湖
E-620 ZD14-54mmⅡ(14mm) f7.1 1/250秒 ISO250



2017/11月撮影 江津湖にて

2017.11.16    カテゴリ:  植物 

   湿地帯のミゾソバ

 
 
 
溝や川岸の湿った所に生えるミゾソバ
満開です。

ミゾソバ171103-283江津湖
E-620 ZD14-54mmⅡ(14mm) f5.6 1/500秒 ISO200


ミゾソバ171103-188江津湖
E-620 ZD14-54mmⅡ(54mm) f7.1 1/250秒 ISO320


ミゾソバ0171103-326江津湖
E-620 ZD14-54mmⅡ(49mm) f8 1/400秒 ISO200



2017/11月撮影 江津湖にて

2017.11.10    カテゴリ:  昆虫類 

   ベニトンボ

 

季節柄、トンボの数も少なくなってきたところですが、とある方に教えてもらって、ベニトンボを探してみました。
ベニトンボは、江津湖の石の上や岸際の植物の上にとまっていました。

成熟したオスは全身が紫がかった赤色です。

ベニトンボ171103-503江津湖_サイズ変更
E-620 ZD14-54mmⅡ(54mm) f5 1/320秒 ISO400




カメラを構えて30cmくらいまで近づいても、あまり逃げません。

ベニトンボ171103-518江津湖_サイズ変更
E-620 ZD14-54mmⅡ(52mm) f5.6 1/250秒 ISO500





顔をカキカキ中のベニトンボ。
体長4cmくらいです。江津湖でよくみかけるシオカラトンボよりも小型で、腹部の下の方が少し幅広になっています。

ベニトンボ171103-530江津湖_サイズ変更
E-620 ZD14-54mmⅡ(33mm) f5.6 1/250秒 ISO500




ベニトンボは、平地から丘陵地の透明度の高い池沼やダム、河川の淀みなどでみられます。
かつては鹿児島県の一部にのみ分布した南方系のトンボらしいのですが、1980年代以降分布域が台湾から急速に北上しており、江津湖でも最近は毎年確認されているようです。

ベニトンボ171103-534江津湖_サイズ変更
E-620 ZD14-54mmⅡ(33mm) f5.6 1/250秒 ISO500


ほかにミヤマアカネも成熟したきれいな個体がいましたが、うまく写真に撮れませんでした。



2017/11月撮影 江津湖にて
参考:ネイチャーガイド 日本のトンボ(尾園暁、川島逸郎、二橋亮).2012年7月.株式会社 文一総合出版

2017.11.04    カテゴリ:  昆虫類 

   ガガンボの仲間

 
久々に江津湖を歩きました。
実家から江津湖の左岸沿いに広木の管理棟まで9,000歩。折り返して右岸沿いに戻ると20,000歩を超えました。

上江津湖171103-092_サイズ変更
E-620 ZD14-54mmⅡ(14mm) f8 1/320秒 ISO200



下の写真は、朝方に草の影で体を休めていたガガンボの仲間。
ガガンボの仲間はハエ目に属します。

マドガガンボ171103-126江津湖_サイズ変更
E-620 ZD14-54mmⅡ(40mm) f6.3 1/125秒 ISO400



羽模様が特徴的で、縄を巻いたような腹部が渋いです。
マドガガンボだと思いますがどうでしょうか。
分かる方がいれば教えてもらえるとうれしいです。

マドガガンボ171103-137江津湖_サイズ変更
E-620 ZD14-54mmⅡ(31mm) f6.3 1/100秒 ISO400

羽の後ろに突き出ているピンのようなものは「平均棍(へいきんこん)」という器官で、
飛翔時に体の平衡を保つのに役立つそうです。


2017/11月撮影 江津湖にて
参考:
昆虫エクスプローラ ガガンボ図鑑
川の生きもの図鑑:鹿児島の水辺から.鹿児島の自然を記録する会編.2002年6月.南方新社:111頁


Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog