2013.04.30    カテゴリ:  魚類 

   壱文字(2013年4月)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2013.04.29    カテゴリ:  江津湖以外 

   4月29日(昭和の日)

 
今日は休みでしたが、
長男のkendouの昇級試験などで忙しかったです。

何とか5級はパスしてくれました。




4月ももう終わりです。


仕事や子供の部活動やらでなかなか自由に動けません。


高校の恩師が開催されていた、
フードパルでの「江津湖の水と空 写真展」(個展)も、一度も拝見することができませんでした。
是非見たかったのですが、4月いっぱいなのでもう無理です。



ああ~、むねん。
寅さん先生、申し訳ございません。


2013.04.29    カテゴリ:  植物 

   ヤナギモ(2013年4月)

 
加勢川の上流です。

今年もヤナギモがありました。多年生植物です。

ヤナギモ130418-2
E-620 ZD50mm Macro f6.3 1/180秒 ISO500

ヤナギモ130418-1
E-620 ZD50mm Macro f7.1 1/180秒 ISO500



ヤナギモは江津湖には多くないと思いますが、
加勢川上流や加勢川に流入する水路の所々でみかけます。


個人的には、いろいろな水生植物があるとホッとします。
希少種でなくても、今年も生き残ってたな、という感じになります。




2013/04/18撮影 江津湖にて

2013.04.28    カテゴリ:  魚類 

   イシカッチョ(2013年4月)


4月の江津湖では、
色々なところで婚姻色がきれいなイシカッチョ(地方名)を見かけました。

yoshinobori130418-05.jpg
E-620 ZD14-54Ⅱ(54) f6.3 1/125秒 ISO320
yoshinobori130418-06.jpg
E-620 ZD14-54Ⅱ(54) f6.3 1/125秒 ISO320




好奇心が強く、
カメラの前ににじり寄ってきます。

yoshinobori130418-04.jpg
E-620 ZD14-54Ⅱ(54) f9 1/125秒 ISO400




メスもいます。
お腹が少しポッコリしています。

yoshinobori130418-07.jpg
E-620 ZD14-54Ⅱ(54) f6.3 1/125秒 ISO320





右側から大きなオスが近づいてきました。

yoshinobori130418-01.jpg
E-620 ZD14-54Ⅱ(44) f5.6 1/100秒 ISO1000





左側からもズリズリと寄ってきました。

yoshinobori130418-02.jpg
E-620 ZD14-54Ⅱ(44) f5.6 1/100秒 ISO1000





二匹は鉢合わせると、口を大きく開け、
相手を威嚇して闘争します。

yoshinobori130418-03.jpg
E-620 ZD14-54Ⅱ(44) f5.6 1/100秒 ISO1000














これからどこかに巣を作り、卵を産み育てるでしょう。

yoshinobori130418-09.jpg
E-620 ZD50mm Macro f8 1/180秒 ISO500




全長5-7cmの小さな魚ですが、
顔に似合わずオスは子煩悩で、
卵の世話を単独で行うそうです。

yoshinobori130418-08.jpg
E-620 ZD50mm Macro f8 1/180秒 ISO500



そのような繁殖の様子などを、
いつか見てみたいと思います。





2013/04/18撮影 江津湖にて


2013.04.27    カテゴリ:  魚類 

   ドブガイとイシガイ(2013年4月)

  
砂泥底で水通しのよいところに、
ドブガイがいました。

イシガイ類130418-1




体の大半を泥中にうずめ、殻を開けています。
殻長は15cmほどです。

イシガイ類130418-2


ドブガイは、バラタナゴが好んで産卵に使うといわれます。




江津湖では非常に少ない、
イシガイもいました。

下の写真は、水底で拾ったイシガイ
再度水底に置いて撮りました。

イシガイ類130418-3





これらイシガイ目二枚貝は、
水中の有機物や植物プランクトン類をこしとって食べるそうです。
なので、水があまりにきれい過ぎても餌不足になるようです。

また、水中の酸素が安定して確保されることも生存の条件のようです。
水がよどんではダメなのでしょうね。



地味な存在ですが、
二枚貝はタナゴ類の繁殖に必須です。




2013/04/18撮影 江津湖にて

2013.04.25    カテゴリ:  魚類 

   越冬アユ(2013年4月)

 
加勢川上流の早瀬で、
やせ細ったアユが泳いでいました。




全長は20cm以上ありそうです。
 
アユ130418
E-620 ZD50mm Macro f9 1/180秒 ISO500





アユは通常一年で生涯を終えますが、
一部の湧水地などでは越冬するようです。


この個体は江津湖で越冬したアユだと思いますが、
どうでしょうか?

アユ130418-2
E-620 ZD50mm Macro f9 1/180秒 ISO500



2013/04/18撮影 江津湖にて



2013.04.24    カテゴリ:  江津湖以外 

   産みつけられた卵(江津湖以外)

  

石に卵が産みつけられていました。

130418-503.jpg
E-620 ZD50mm Macro f7.1 1/180秒 ISO800






卵の直径は2~3mmです。

130418-528.jpg
E-620 ZD50mm Macro f5.6 1/160秒 ISO800






卵を産んだのはザリガニ君ではなく

130418-508.jpg
E-620 ZD50mm Macro f7.1 1/180秒 ISO800







この魚のようです。

130418-514.jpg
E-620 ZD50mm Macro f5.6 1/180秒 ISO800


本格的な産卵期はこれからのようで、
残念ながら卵防衛のための攻撃は受けませんでした。




2013/04/18撮影 江津湖から離れた河川にて

2013.04.23    カテゴリ:  魚類 

   ムギツク(2013年4月)

 
 
岸際の石まわりで、
ムギツクが泳いでいました。

ムギツク130418-1
E-620 ZD50mm Macro f6.3 1/180秒 ISO500




石や木製の乱杭についた餌をついばんでいます。
ムギツクがよく見せる行動です。

ムギツク130418-3
E-620 ZD50mm Macro f6.3 1/180秒 ISO500




小学生の時(1985年ごろ)に、ぞうさんプールの大石まわりで、
のんびりとムギツクを眺めていた思い出があります。


ムギツク130418-4
E-620 ZD50mm Macro f6.3 1/180秒 ISO500


写真に撮れませんでしたが、
この日、若魚を含む5匹程度の群れもいました。



2013/04/18撮影 江津湖にて


2013.04.21    カテゴリ:  魚類 

   芭蕉の新緑とカワヒガイ(2013年4月)

 
芭蕉の新緑が美しい季節です。


kawahigai130418-1.jpg



加勢川の上流に、
全長7cmほどのカワヒガイがいました。

kawahigai130418-2.jpg
E-620 ZD50mm Macro f8 1/180秒 ISO500



小型の上に動きがなかなか素早く、
ジッとしていないので撮るのが難しいです。

kawahigai130418-3.jpg
E-620 ZD50mm Macro f8 1/180秒 ISO500



2013/04/18撮影 江津湖にて

2013.04.20    カテゴリ:  植物 

   オキチモズクなど淡水藻類(2013年4月)

 
加勢川にオキチモズクがありました。



こんなところにあったっけ?
と思うような、これまで見た場所より数百メートル下流です。

淡水藻類130418-1
淡水藻類130418-2




オキチモズクの他、杭や石に見慣れない藻類が張り付いています。

淡水藻類130418-3
淡水藻類130418-4




レッドデータブックくまもと2009によると、加勢川では「オキチモズク、オオイシソウ、チャイロカワモズク、アオカワモズク、タンスイベニマダラ」が保護対象種としてあげられています。




チャイロカワモズクでしょうか。

淡水藻類130418-5




アオカワモズクでしょうか。

淡水藻類130418-6
淡水藻類130418-7
淡水藻類130418-8



少なくとも10mほどの範囲のいたるところに、
このような藻類が見られました。




2013/04/18撮影 江津湖にて


参考:
改訂・熊本県の保護上重要な野生動植物-レッドデータブックくまもと2009- 2009年9月 熊本県


Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog