2011.04.28    カテゴリ:  江津湖周辺地域 

   河童堀

河童堀。
それは出水方面から江津湖上流部に流入する水路。

カッパ堀14-090714
▲ 出水小通りからみた河童堀 2009/07/14撮影



熊本の実家の前を通っており、
個人的には最も身近な水路だった。

たまにはこの由緒正しい農業用水路について書いてみよう。
(長くなるけど)


水路の始まりは、白川の渡鹿堰から引いた水で、
大井手から分かれて大江、九品寺、白山あたりを経由して、国府、出水地域まで流れ着く。

カッパ堀09-100814
▲ 白川の渡鹿堰 2010/08/14撮影

カッパ堀11-100814
カッパ堀12-100814
▲ 渡鹿堰にある記念碑の説明書き 2010/08/14撮影

カッパ堀13-100814
▲ 渡鹿を流れる大井手 2010/08/14撮影

カッパ堀04-090714
▲ 国府を流れる河童堀 2009/07/14撮影



そして最後には、
加勢橋の50mほど上流の児童公園脇から加勢川に流れ込んでいる。


カッパ堀02-090626
カッパ堀01-090626
▲ 加勢川と合流する河童堀 2009/06/26撮影



時代をさかのぼり、
例えば戦後の河童堀はどうだったのだろうか。

父の話では、羨ましいことに、我が家の庭に湧水の池があった。
また文献によると、同じように井戸や池のある周辺の家々から清水が流れ込み、
河童堀は相当の水量があった。

そして両岸は現在の国府高校あたりまで立派な石垣で護岸され、
いくつかある水門が周辺の水田を潤し、
水門のたまりでは子供から大人までが釣りや魚採り、水泳に興じたという。
ウナギやドジョウなどの色々な魚が、
河童堀にはたくさんいたらしい。



そして私の小学生時代(1980年代)、
河童堀は古い石垣を残しながらも、下の方は犬走りが作られ、
コンクリートで固められており、
ゲート(水門)が1カ所に残されていたのを覚えている。
すでにこの時、周辺の都市化と生活排水の流入でミズワタに覆われ、
河童堀はドブ川となっていた。

それでも私たちは犬走りを走り回り、
網を持ってフナを追いかけた。

大雨であふれると学校に行けなくなるのを喜び、
魚が江津湖から上ってくるのを待ち、
調子に乗って家の前でハヤ釣りまでやってみた。
増水した河童堀には、
ヤマトシマドジョウがたくさん遡上してきていた。

ちなみに、この当時の護岸の石積みは、
チャンポンで有名な”天龍”の亡くなったおじいさんが
石工職人時代に積み上げたと聞いた。



そして、現在。
30年前のミズワタがあふれていた頃と比べると、
下水道普及のおかげで水質はかなりよい。
ただし、周辺の家々にかつてあった井戸や湧水は水量が減り、
埋め立てられてしまった。
農地の減少により、かんがいの必要性も薄れ、
水量は季節によってはかなり少ない。

カッパ堀05-090714
▲ 夏の河童堀 2009/07/14撮影


実はコンクリート護岸の根元にはすき間があり、
コイやフナ、ナマズ、オイカワ、スッポン、
ヨシノボリ、スジエビなどがわずかに隠れている。
特に、堀にかかる橋の下は魚が集まる。

カッパ堀06-090714
▲ 河童堀にかかる橋の下 2009/07/14撮影


オオカナダモやエビモなどの水草も点在する。


ゴミを捨てる人はいるが、
夏には各家庭の橋の上から、
子供たちが花火を楽しむ。

カッパ堀08-090815
▲ 河童堀で楽しむ花火 2009/08/15撮影

そしてやはり、
今でも網を持って魚を追う子供を見かける。



河童堀は基本的には農業用水路のため、
渡鹿堰土地改良区が管理していると思う。

カッパ堀07-090714
▲ 夏の河童堀 2009/07/14撮影


江津湖から河童堀への魚の遡上を妨げるものはほぼないので、
三面コンクリートとはいえ条件を整えれば、
きっといきもののあふれる楽しい場所になると思う。


もし許されることなら
捨て石や乱杭を配し、
二枚貝や水草が住めるよう砂だまりを設け、
いろいろ生物の隠れ家をつくりたい、
と虎視眈々と妄想してしまう。



参考文献:「河童堀」昔今!松原健治氏著(江津湖 第5号 1991 江津湖研究会)

2011.04.27    カテゴリ:  植物 

   コウキクサ

4月の加勢川。

季節的に水位が低く、
早瀬は浅く更に流れが速まる。
その砂の上を歩く。

アオウキクサ1-110423


左岸川側の道沿いに川を下った。

上江津湖のスイゼンジノリ発生地から湧水が流れ出すところに、
小さなウキクサが集まって浮いていた。


アオウキクサ2-110423
アオウキクサ3-110423
アオウキクサ4-110423


指ですくってみると、
葉(正確には葉状体というらしい)の幅は1~2mmで、一つの葉に根が1本ずつ伸びている。

ウキクサの仲間も色々あり、
図鑑によると、葉状体のサイズ、根の本数などで分類するようだ。

[アオウキクサ]=葉の長さが3~5mmで根が1本。種子で越冬。根の基部にある根鞘に翼を持つ。
[ウキクサ]=葉の長さが3~10mmで根が7~21本。
[ヒメウキクサ]=葉の先端がやや尖り根が2~5本。
[コウキクサ]=3~4.5mmの丸みを帯びた楕円形。葉状体のまま越冬。
[ミジンコウキクサ]=葉の長さが0.3~0.8mm。



アオウキクサ5-110423
アオウキクサ6-110423

同じようなウキクサは、
3月の頭にもこの対岸あたりでみかけたし、
湖岸のヨシの根元などで時々みかけていた。


根が1本なので、
アオウキクサ属のアオウキクサか、コウキクサのどちらかだろう。
根鞘の翼の有無をよくみておくべきだった。


寒い時期に浮いていたので、
ひとまずコウキクサ!としておきたい。

2011/04/23撮影 上江津湖にて


参考文献:
川の生きもの図鑑 鹿児島の水辺から 鹿児島の自然を記録する会編 南方新社
田んぼの生き物図鑑 山と渓谷社


2011.04.24    カテゴリ:  植物 

   春のヒメバイカモ

4月23日。
所用で熊本へ出かけた。


江津湖はこの時期、季節的に水位が低い。

水深が数cmとなった湧水の流れに、沈水性のヒメバイカモがあった。

ヒメバイカモ110423-2


この藻は水面に、梅の花に似た小さな花を咲かせることで知られる。
花の時期は4~8月とされ、
早くも2~3mmほどの小さな花を咲かせていた。

秋に水位が上がり、水中に没したヒメバイカモも美しいが、
春の瑞々しい花もナカナカだ。

ヒメバイカモ110423-3
ヒメバイカモ110423-1
ヒメバイカモ110423-4
ヒメバイカモ110423-5
ヒメバイカモ110423-6

熊本県レッドデータブックによると、
県下では熊本市、嘉島町、山江村、人吉市に分布する。
そして熊本市と嘉島町の生育地では、
水遊びの人から踏みつけられたり、清掃作業で誤って刈られることがあるらしい。

確かに、踏みつけには気をつけたい。


2011/04/23撮影 上江津湖にて

参考文献:
くまもとの自然シリーズ1 江津湖の自然 監修 熊本大学名誉教授 吉倉眞/発行 熊本生物研究所
改訂・熊本県の保護上重要な野生動植物-レッドデータブックくまもと2009- 2009年9月 熊本県


2011.04.17    カテゴリ:  樹木 

   春のアキニレ

4月13日。

ぞうさんプールのアキニレが、
今年も葉をつけ始めていた。

アキニレ110413-1
アキニレ110413-2
アキニレ110413-3
アキニレ110413-4

今年の夏もどうか涼しい木陰を作ってください。


そういえば、ちびっ子二人組が、
釣り竿と網を持って釣り場へ急いでいた。

陽が暮れる前のソワソワした気持ちは、
よ~く分かるよ(笑)。

アキニレ110413-5


2011/04/13撮影 上江津湖にて

2011.04.17    カテゴリ:  植物 

   セリ(芹)

4月13日。

運良く、仕事で熊本へ出張だった。

一通り用件を済まし、
江津湖に行くことができた。

セリ110413-1



だいぶ陽が傾き
時間が残り少ない。

セリ110413-2



芭蕉園を過ぎて

セリ110413-3



野鳥の森の周辺に着いた。
湧水が流れる浅瀬は、クレソン(オランダガラシ)が一面に生えている。

セリ110413-4



その中で、本当にわずかにセリがあった。

セリ110413-6


30年前には、春になるとばあちゃんに連れられ、
長靴を履いてセリ摘みに来ていた。
夕食には、ゴマ醤油で和えたセリの小鉢がついた。

今となっては、春にセリ摘みにいくこともなくなった。

自分自身、江津湖からだいぶ遠いところに根を張ろうとしているが、
セリ摘みをそのうち復活させたい。


セリ110413-8


2011/04/13撮影 上江津湖にて

2011.04.17    カテゴリ:  植物 

   ここにもキタミソウ

4月9日。

思わぬところにもキタミソウがあった。


思わぬところ、というのは自分の思いこみが浅はかだっただけで、
よく考えれば、種子が風で流れ着くこともある。

北見草110409-3
北見草110409-4
北見草110409-5


2011/04/09撮影 下江津湖にて


2011.04.14    カテゴリ:  遊び 

   桟橋にて

4月9日。

朝方は頭が痛く、なんとも早起きして江津湖に行けなかった。

それでも、3月に疲労した頭をほぐすべく、
9時からボート桟橋へ釣りに行った。


お店の人の話では、
最近はあまり釣れていないという。

確かにイロイロ釣れたら楽しいけど、
まあ今日は釣りができれば何でも良かった。

乏しい財布から料金を払い、
道具を桟橋に運ぶ。


先客がいた。
桟橋の先端でフナを狙う、無口なおじいさん。

桟橋にて110409-2


少し手前に陣どり、自分の仕掛けをたらしているうちに、
おじいさんにヒット!

すかさずタモ網を差し出し、取り込みを手伝った。
きれいなフナ。
おじいさんも嬉しそう。

桟橋にて110409-1



私にもチビカワムツが連続ヒット!
小フナやタモロコなどもかかる。

時々おじいさんや後ろにいた人が良形のヘラやコイをあげ、
そのたびにタモ網で取り込みを手伝った。

桟橋にて110409-4
桟橋にて110409-3


今日は釣れなくても、
少しコールタール臭い桟橋の上に
座っているだけで気持ちがいい。
カイツブリの声を聞きながら、
釣り糸を垂らしているだけでいい。


桟橋にて110409-7


ふと水面を見ると、
前日の雨で流されてきたいろんな漂着物がある。
ヤナギモの切れ葉。

桟橋にて110409-5


エビモの切れ葉。

桟橋にて110409-6


午後からだんだんと、小学生や家族連れが増えてきた。
こちらが釣ると、小学生が私の目の前に仕掛けを投入する。
「人が釣りよるところに、あんまり寄るといかんけど。」
「すいません。」と素直な小学生。

 
午後3時頃までのんびりと釣った。
ボート屋のお兄さんが釣れないと心配していたヤツらも、
ちらほら釣れた。

平和な一日だった。


2011/04/09撮影 上江津湖にて

2011.04.10    カテゴリ:  風景 

   江津湖の春 2011年

2011年4月9日。

ちょうど桜が満開で、
土手の木々が若々しい新芽を出す季節だった。


上江津湖の野鳥の森対岸にある、
以前宮本ボートがあった辺りから望む。

江津湖の春01-110409
江津湖の春02-110409


上江津湖の中ノ島公園側から望む宮本ボート方面。

江津湖の春03-110409
江津湖の春04-110409


駐車場より、江津塘沿いに下流側を望む。

江津湖の春05-110409
江津湖の春06-110409
江津湖の春07-110409
江津湖の春09-110409


上江津湖の終点、斉藤橋。

江津湖の春08-110409


右岸側から対岸を望む。

江津湖の春10-110409


左岸に渡った。
健軍川の桜並木。

江津湖の春11-110409
江津湖の春12-110409


斉藤橋上流にあるエノキの大木。

江津湖の春13-110409


これより中江津湖となる。20年ぶりに通る。

川岸の草はきれいに刈り取られていた。
浚渫もされていたかも知れない。
中江津湖がこんなに整然としていたとは。

江津湖の春14-110409
江津湖の春15-110409
江津湖の春16-110409


木々の中の園路。

江津湖の春17-110409


川面に伸びるエノキの新芽。

江津湖の春18-110409


所々に桜がある。

江津湖の春19-110409


展望デッキからの眺め。
眼下にはわずかなせせらぎがあり、メダカが泳ぐ。
流水環境ではカダヤシに負けていない。

江津湖の春20-110409
江津湖の春21-110409


さらに下ると、
中江津湖の終点である画図橋がみえてくる。

江津湖の春22-110409


画図橋をくぐれば、川幅がグンと広がり、
下江津湖になる。
バス釣りの好ポイントであり、ルアーマンが多い。

江津湖の春23-110409


ついに、中ノ島が見えてくる。
その後ろは飯田山。

江津湖の春24-110409


この辺りにもキタミソウが少しだけあった。

江津湖の春25-110409
江津湖の春26-110409
江津湖の春27-110409

左岸側には熊本市動物園があるため、
これまでとはまた違ったにぎやかさがある。

江津湖の春29-110409

中ノ島を正面にみる。

江津湖の春28-110409

2011/04/09撮影 江津湖にて

※写真はサムネイル表示のため、クリックして拡大すると少しはきれいに見えます。

2011.04.09    カテゴリ:  魚類 

   春の夜のいきものたち

7月8日。
前夜からの雨が、夕方までパラパラと続いた。

夕方に福岡を出発し、
薄暗くなってから熊本に着いた。

江津湖は雨の影響で、笹濁り。
川の水もいつもより冷たく感じる。


暗闇の中、
懐中電灯を片手に、湧水地を回る。

夜行性のいきものがウロウロしている。

スジエビやアメリカザリガニ、
ドンコ、ウキゴリなどがいる。

春の夜の湧水地1-110408
春の夜の湧水地9-110408


サワガニもかなり多いし、
動き回るので目立つ。

春の夜の湧水地6-110408


石のすき間には、テナガエビの姿がある。
小型のものが多い。

春の夜の湧水地2-110408
春の夜の湧水地3-110408
春の夜の湧水地4-110408



睡眠中の魚もいる。
何度もフラッシュをたいて、悪い悪い。

春の夜の湧水地5-110408


壁際でジッとしているものがいる。

春の夜の湧水地7-110408

ツチガエルだろうか。

春の夜の湧水地8-110408

なんで水中に潜っているのだろう。


2011/04/08撮影 上江津湖にて





2011.04.09    カテゴリ:  植物 

   ブラジルチドメグサの出現

4月9日。

前日の小雨に変わって、
朝から晴れた。

気温も上がり、春らしい天気だった。

ブラジルチドメグサ0-110409


久々に一人で江津湖で自由行動(笑)。


しかし、余計なものが目に入った。
この植物は・・・

ブラジルチドメグサ1-110409
ブラジルチドメグサ2-110409
ブラジルチドメグサ3-110409
ブラジルチドメグサ4-110409

もしかしてブラジルチドメグサでは・・・



上江津湖の2号橋のたもと(江藤ボートハウス側)に、
1m×30cmほど生えていた。

江津湖は国内外からの移入種が多いことで有名で、
特定外来生物のボタンウキクサ(ウォーターレタス)の駆除が大規模に行われている。

しかし、江津湖でブラジルチドメグサは聞いたことがないと思う。


<ブラジルチドメグサ>
 南アメリカ原産で、国内では1998年頃に熊本県菊池川で大繁殖しているのが確認された。川岸や水湿地に生える多年草。茎は這うように分岐して広がり、長さは1m以上になる。茎の節から葉や根を出し、マット状に密生した群落を作る。開花期は4~6月。本種は、初めはアマゾンチドメグサとされていたが、村田源氏によりブラジルチドメグサと訂正された(2003年)。
 県内では菊池川水系(山鹿市、菊池市、玉名市)の各地と阿蘇市(1カ所)、南阿蘇村(1カ所:近縁他種の可能性がある)に生育が見られる。現在は、福岡県、筑後川水系にも分布が広がっている。密なマット状に群生するので、光などが奪われて在来の水草類が駆逐されるともに、水中の溶存酸素の減少により水生生物の生息環境が悪化するおそれが指摘されている。
(以上、くまもとの外来生物 平成22年3月 財団法人再春館「一本の木」財団」より抜粋)



ブラジルチドメグサは、
熊本県が外来生物について独自に定めたカテゴリーで
「特定外来生物A(外来生物法に基づく特定外来生物であって、県内に侵入している又は導入されているもののうち、生物多様性等を脅かす生物)」に区分されている。

確かに、菊池川水系での繁茂状況はものすごい。
下の写真は菊池川水系。

ブラジルチドメグサ菊池市-101113



念のため、全部根から抜き取って、
宮本ボートへ届けて、ゴミ袋に入れてもらった。

ブラジルチドメグサ5-110409


県や市などのしかるべき部署にもすぐに連絡した。

江津湖でボタンウキクサとブラジルチドメグサの競演は見たくない。


2011/04/09撮影 上江津湖にて

参考文献:くまもとの外来生物 平成22年3月 財団法人再春館「一本の木」財団




Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog