2015.10.30    カテゴリ:  昆虫類 

   ヤマトタマムシ

 
夏に子供たちが、芭蕉園の近くでみつけた
ヤマトタマムシのなきがら。

近くにはエノキ。
 
ヤマトタマムシ150815-560




2015/8月撮影 江津湖にて

2015.09.22    カテゴリ:  昆虫類 

   ミヤマアカネ

 
9月の夕方5時ごろ。

たくさんのウスバキトンボが舞うヨシ原に、
ミヤマアカネたちがいました。15個体ほど。今年はミヤマアカネの当たり年なのかも知れません。

 
ミヤマアカネ150921-1




ミヤマアカネは未熟なうちは雌雄とも黄褐色で、
成熟したオスは真っ赤になります。

この日は、ほとんどの個体は黄褐色で、2個体ほど少し赤みがかった個体がいました。
 


ミヤマアカネ150921-2


2015/9月撮影 江津湖にて

2014.05.17    カテゴリ:  昆虫類 

   ヤマサナエ

 
夕方の江津湖でヤマサナエを見つけました。

飛び疲れたのでしょうか、地上付近の植物にとまってじっとしていました。

yamasanae140502-115.jpg



2014/05/02撮影 江津湖にて

2014.04.11    カテゴリ:  昆虫類 

   コオニヤンマ

 

コオニヤンマの幼虫(ヤゴ)がいました。

kooniyanma140328-048.jpg


小枝にかじりついているようにも見えますが、
一体何をしているところなんでしょうか。

後ろ足にちっこいカワニナが貼りついているのがミソです。



2014/03/28撮影 江津湖にて

2013.08.22    カテゴリ:  昆虫類 

   ナベブタムシ


酷暑が続きます。




熊本を去る前に、
子供たちを江津湖の湧水地へ連れて行きました。


透き通った川の礫底には、
ナベブタムシの幼虫がたくさんいました。
サイズも様々です。

nabebuta130813-1.jpg
nabebuta130813-2.jpg




背面が黒色でカッコいい成虫を一匹だけ見つけたので、
写真を撮ろうとつまむと、指先に激痛が走りました。
ストローのような口吻で刺されたのです。

しばらくうずきましたが、強い毒はないようで、
わずかに腫れたかな?、というくらいでした。


成虫はまた次回、捕まえて写真に撮ろうと思います。




2013/08/13撮影 江津湖にて

2013.05.21    カテゴリ:  昆虫類 

   ゲンジボタル(2013年5月)



桑の木の根本から、
ゲンジボタルが次々と飛び上がりました。


130516hotaru00.jpg




2013/05/16撮影 上江津湖にて
(6枚を合成)

2012.10.04    カテゴリ:  昆虫類 

   ミヤマアカネ

9月23日の加勢川上流。
かつて江津川とも呼ばれていました。

ezuko120923-349.jpg


上の写真とは違う場所ですが、ベニイトトンボのいた湖畔の湿地帯に、
ミヤマアカネ(トンボ科アカネ属)の♀がとまっていました。

miyamaakane120923-3.jpg
(防水ポートのガラス面に水滴がついた状態で撮っています)


個人的には江津湖でミヤマアカネを見るのは、3年ぶりです。

もう少し見渡すと、
胴体が真っ赤な♂もいました。

miyamaakane120923-4.jpg

ヤンマやサナエトンボと比べると少し小型で、
コンパクトなサイズのトンボです。

それでも
真っ赤な胴体や羽の紋様(褐色帯というらしい)が華やかな印象を与える
美しいトンボです。

miyamaakane120923-5.jpg


和名は深山(みやま)にすむアカネ色をしたトンボという意味ですが、
深山よりもむしろ里山のふもとに多いそうです。


2012/09/23撮影 江津湖にて


参考文献:日本産トンボ幼虫・成虫検索図説(石田昇三・石田勝義・小島圭三・杉村光俊著 東海大学出版会)

2012.09.28    カテゴリ:  昆虫類 

   ベニイトトンボ


ミゾソバが生い茂る江津湖畔。


たくさんのクロイトトンボムスジイトトンボが舞う中に、
1組の赤色のイトトンボがいました。

これはベニイトトンボ(キイトトンボ属)だと思います。



オスは直立したままメスと連結していました。

beniitotonbo120923.jpg


熊本県では
リュウキュウベニイトトンボの侵入によりベニイトトンボが減少しているといわれ、
準絶滅危惧となっています。


とうことで、もしかしたらリュウキュウイトトンボかもしれません。
どなたか教えていただけたら幸いです。


2012/09/23撮影 江津湖にて


参考文献:
ヤマケイポケットガイド⑱ 水辺の昆虫 今森光彦 山と渓谷社
改訂・熊本県の保護上重要な野生動植物-レッドデータブックくまもと2009- 2009年9月 熊本県

2012.09.11    カテゴリ:  昆虫類 

   オアシスの住人

ここは上江津湖の湧水地。


浅い水辺の頭上には、
木々が生い茂っている。

kooniyanma120826-01.jpg




落ち葉をどかすと、色々な生き物がいる。

ドンコの稚魚(地方名: どんかっちょ、どぐら)

kooniyanma120826-02.jpg




ミナミヌマエビ(地方名: かっつんえび)

kooniyanma120826-03.jpg



カワニナ

kooniyanma120826-04.jpg



コオニヤンマの幼虫(ヤゴ)

kooniyanma120826-05.jpg

木の葉のような形をしたヤゴを
見たことがある人も多いかもしれない。

kooniyanma120826-10.jpg



ちょうどコオニヤンマの成虫が飛んできた。
産卵に夢中だった。

kooniyanma120826-09.jpg



いつもながら、
トンボの目というのは不思議な色をしている。

kooniyanma120826-08.jpg



2012/08/26撮影 上江津湖にて


参考文献:
くまもとの自然シリーズ1 江津湖の自然 昭和61年 監修 熊本大学名誉教授 吉倉眞/発行 熊本生物研究所

2012.08.10    カテゴリ:  昆虫類 

   トンボとトンボ

麦わら色のシオカラトンボに捕まったムスジイトトンボ


トンボがトンボを捕食する様子は、時々見かける。

tonbo-hosyoku120728-1.jpg
tonbo-hosyoku120728-2.jpg



2012/07/28撮影 江津湖にて


Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog