fc2ブログ

2023.12.03    カテゴリ:  植物 

   広がっていたヒメバイカモ

 
季節が過ぎ去ってしまいましたが、
今年の夏は水草のヒメバイカモがかなり広範囲に広がっていました。

ヒメバイカモ230814-117江津湖(2000)




当然、年によってあっちに生えていたものがこっちに移っていたり、
少ししかなかったものがある年にはなくなっていたりと、年ごとの変動はありました。

それにしても、今年の夏はえっ!こんなところにも!
といった感じで、今までになく広範囲に広がって花を咲かせていたのでした。

ヒメバイカモ230814-147江津湖(2000)

ヒメバイカモ230814-130(2000)


どうやら昨年の10月に、砂取小の児童や熊本市の職員の方、ボランティアの方々が、
緑化フェアのために江津湖の清掃を行ってくれたようです。
清掃とはいっても、やたら草などを回収するものではなく、水底の余分な堆積物などを除去されたようです。

そのお陰で生育条件が整ったのでしょう、ヒメバイカモの大量発芽につながったようです。
きれいなものを見せていただきました。清掃に参加されたみなさん、お疲れ様でした!


2023年8月撮影 江津湖にて

参考:
ゾウさんプール清掃活動
https://twitter.com/K_Onishi/status/1523991386000740353


2023.08.19    カテゴリ:  植物 

   真夏のヒメバイカモ(Ranunculus kadzusensis)

 
ヒメバイカモ(Ranunculus kadzusensis)。
キンポウゲ目キンポウゲ科キンポウゲ属の沈水性の水草。

ヒメバイカモ230814-177(2000)


2023年8月撮影 江津湖にて

2023.02.11    カテゴリ:  植物 

   湧水が浸み出す土手にて

 
湧水が浸み出す土手にはセリがあります。
懐かしい江津湖の春の味でもあります。

セリ230101TG-082江津湖_サイズ変更




ずいぶん前から外来のオランダガラシ(クレソン)に押され気味です。
そして難敵が。

セリ230101TG-086江津湖_サイズ変更





江津湖の水際を覆う特定外来生物ブラジルチドメグサが、
セリが生える土手にまで広がっていました。
ここだけでも取り除けるかどうか。

ブラジルチドメグサ230101TG-077江津湖_サイズ変更



2023年1月撮影 江津湖にて

2021.09.19    カテゴリ:  植物 

   ササバモ


長く生長し流れに揺れるササバモ

以前は刈り取られて川舟に積み上げられ、肥料として利用されていたそうです。古い絵はがきにその様子を見ることができます。

ササバモP8273050(700)


2021年8月撮影 江津湖にて

2020.09.12    カテゴリ:  植物 

   ササバモ


水深2メートルほどの湖底から、水面に葉を伸ばすササバモ

ササバモ20200802-022(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(14mm) f5 1/180秒 ISO200


2020/8月撮影 江津湖にて

2020.08.17    カテゴリ:  植物 

   ヤナギモ Potamogeton oxyphyllus Miq.

 
江津湖の上流で、珍しくヤナギモPotamogeton oxyphyllus Miq.)が大きく生長していました。どちからかというと、江津湖内よりも江津湖に流れ込むかつての農業用水路、現在では市街地内の排水溝のようになった水路でよく見かけます。

ヤナギモ20200813-050江津湖_サイズ変更
E-620 ZD14-54mmⅡ(14mm) f7.1 1/180秒 ISO400


ヒルムシロ科ヒルムシロ属の常緑多年生の沈水植物。
流水性のヒルムシロ属ではエビモと並ぶ普通種。水質汚濁にも強く、また茎の断片から不定根を出して容易に定着・再生するそうです。

ヤナギモ20200813-054江津湖_サイズ変更
E-620 ZD14-54mmⅡ(22mm) f7.1 1/180秒 ISO400

ヤナギモ20200813-063江津湖_サイズ変更
E-620 ZD14-54mmⅡ(14mm) f7.1 1/180秒 ISO500


普通種であっても、多様な水生植物があるとなんとなくうれしいです。


2020/8月撮影 江津湖にて
参考:ネイチャーガイド日本の水草.角野康郎.2014年9月.文一総合出版

2020.08.06    カテゴリ:  植物 

   ヒメバイカモ Ranunculus kadzusensis Makino


江津湖の湧水地を代表する水草、ヒメバイカモRanunculus kadzusensis Makino)の花が咲いていました。
キンポウゲ科ケンポウゲ属ヒメバイカモ

漢字で「姫梅花藻」と書くように、小さな梅の花のような花を咲かせます。

湖沼やため池、河川、水田などに生育する多年草または越年草の沈水植物。思わぬところで出てきたり、姿を消したりと様々です。
公園清掃では、間違って刈り取られないように気をつけられています。

ヒメバイカモ20200802-415(700)
E-620 ZD50-200mm(50) f6.3 1/400秒 ISO250

ヒメバイカモ20200802-422(700)
E-620 ZD50-200mm(147) f6.3 1/400秒 ISO250


ヒメバイカモ20200802-401(700)
E-620 ZD50-200mm(200) f6.3 1/500秒 ISO250


日本の水田からはほぼ絶滅状態で、湧水河川やため池の既知産地からも消滅が相次いでいるそうです。
江津湖でも市民の保護活動の下で何とか残っている状況だと思います。


2020/8月撮影 江津湖にて
参考:ネイチャーガイド日本の水草.角野康郎.2014年9月.文一総合出版

2019.02.09    カテゴリ:  植物 

   植物標本 センニンモ、オオイシソウなど



熊本県博物館ネットワークセンターで開催中の企画展「熊本の水辺の植物」で、江津湖産センニンモの標本を見ることができました。
1987年に採集されたセンニンモで、「1990年後見られなくなった」とあります。実物だけに迫力がありました。

江津湖標本190208_センニンモ_ネットワークセンター





ずっと江津湖で探しているオオイシソウの標本もありました。
オキチモズク、アオカワモズク、チャイロカワモズクらしい紅藻類は現在の江津湖でも見かけるんですが。。

江津湖標本190208_オオイシソウ_ネットワークセンター


企画展は熊本県博物館ネットワークセンターで、3月17日まで。



下の写真は、江津湖の川底に沈んだ波板に着いた紅藻類。
自然石や木材ばかりではなく、こうした素材に着くこともあるようです。

カワモズク類190101-095江津湖(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(32mm) f5 1/160秒 ISO200



2019/1月・2月撮影 江津湖・熊本県博物館ネットワークセンター企画展「くまもとの水辺の植物」にて

2018.08.11    カテゴリ:  植物 

   ヒメバイカモ (姫梅花藻)

 
江津湖のヒメバイカモ

となり町の湧水が流れる水路や池でも見ることができます。

ヒメバイカモ180803江津湖-38(700)

ヒメバイカモ180803江津湖-32(700)

2018/8月撮影 江津湖にて

2018.07.21    カテゴリ:  植物 

   オキチモズク

 
江津湖上流のオキチモズク
淡水性の紅藻類です。

オキチモズク180715-284藻器堀川(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(29mm) f6.3 1/180秒 ISO160



2018/7月撮影 江津湖にて




Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog