FC2ブログ

2020.06.23    カテゴリ:  遊び 

   暑中見舞い


この画集、できれば買いたい。

https://twitter.com/zhtsss/status/1275378641573052416


今日はとても暑かった。
そしてとても救われた。


2020.05.22    カテゴリ:  遊び 

   五木食品のうどんなど


まばゆい5月だというのに、
新型コロナウィルスのために熊本にぜんぜん行けません。

休日にはせめて熊本にちなんだ食材をということで、美味しくて価格もリーズナブルな五木食品の麺類を食べたりしています。
(実はコロナに関わらず時々食べてます)


まずは王道の粉末スープ付うどん(生タイプ麺)。
昆布風味の効いたスープが優しげです。熊本で暮らしていた時には休日の昼などに父がこれを作ってくれることがありました。
多くはニンジン、玉ねぎ、小ねぎのほか、生姜とともに甘辛く炊いた馬肉の細切れが乗せられ、南九州風の甘口肉うどんとなって食卓に上がりました。

五木食品_うどん_サイズ変更



ちなみに五木食品の工場は我が緑川のほとりにあり、立地的にも思い出深い地元企業です。
工場は熊本地震で被害を被り、しばらく五木食品の製品が入手できなかった時は、本当に悲しかったです。福岡でも店頭に商品が並び始めた時には、熊本の復興を実感することができとてもうれしかったです。

五木食品_うどん裏_サイズ変更



こちらはさらにお得な3食入りです。

五木食品_うどん3食_サイズ変更



3食入りは荒尾工場で作っているようです。
荒尾と言えば、確か似たような「高森」という食品メーカーがあったのですが、最近気づいたのですが2019年9月に五木食品と合併したようです。

五木食品_うどん3食裏_サイズ変更



次はスパゲッティナポリタン。
ベーコン、玉ねぎ、ピーマンを入れて炒めるだけで、お手軽にナポリタンが出来上がります。
高校生の時に母が作ってくれた弁当にもよく入っていました。

五木食品_ナポリタン_サイズ変更
五木食品_ナポリタン裏_サイズ変更




そして熊本では定番のアベックラーメンです。
学生の頃は箱で実家から送ってもらったこともありました。
今でも寒い季節には家族に好評です。あっさりした豚骨スープで、熊本ラーメンらしくゆで卵、きくらげ、チャーシュー(またはハム)、海苔、小ねぎなどが盛ってあると嬉しいですね。

五木食品_ラーメン_サイズ変更



うどん、スパゲッティ、ラーメンともに現在ではいろいろなバリエーションがでています。
だいたい半年くらいは保存が効くので、長期的とは言わないまでも非常食にもなります。

五木食品さんには、これからも変わらずこうした製品を作り続けてほしいです。


2020/5月撮影

2020.02.08    カテゴリ:  遊び 

   熊本博物館

 
去年の2月のことです。
子供らと金峰山の猿すべりルートを登りました。
下った後ふらっとリニューアルした熊本博物館へ。

目玉の江津湖のジオラマです。はく製がよく集められ、最高です。
石や砂、流れの感じ、水草なども再現され、まるで水中にいるようです。

DSC_0582(700)
DSC_0576(700)
DSC_0574(700)




江津湖の魚類のはく製。

DSC_0597(700)



どれもきれいです。

DSC_0586(700)



江津湖のトンボ類の標本。

DSC_0588(700)




江津湖コーナーの他、熊本の地形・地質や哺乳類や両生・は虫類、鳥類、植物などのはく製・標本も豊富にあり、興味は尽きません。絶滅した二ホンオオカミの骨格標本も珍しいです。

DSC_0661(700)
DSC_0646(700)
DSC_0592(700)


江津湖コーナーは実は全体のほんの一部で、ほかにも石斧や矢じり、甲冑など熊本の歴史を学ぶ展示も重厚です。

DSC_0549(700)


近くに住んでいれば、散歩がてら通いたいところです。


2019年2月撮影 熊本博物館にて

2020.01.03    カテゴリ:  遊び 

   セリ摘み

 
正月にいつもの場所でセリ摘みをしました。

また若くて小さかったですが、たくさんありました。
子供らと10分ほどで、小さな袋いっぱい。

福岡に持ち帰ってから軽めにゆでで、

セリ20200103-1



うすくち醤油、すりごま、鰹節とあえて完成です。

セリ20200103-2

子供らもセリと他の植物とを見分けるようになりよかったです。


2020/1月撮影 福岡の自宅にて

2019.06.01    カテゴリ:  遊び 

   九州南部の梅雨入り

 
5月の連休中に、江津湖でゴムボートに乗ったり犬を泳がせたりしてくつろぐ人たち。

こう暑いと、小中学生や高校生たちも江津湖に泳ぎに集まってきます。

親水190505-394(700)




川に浸かって自分を解放すること。親水性が高い中九州の住民にとって普通の息抜きです。



下の写真は、この日緑川水系の水路で捕ったミナミメダカ。
(水槽撮影)

ミナミメダカ190505-388(700)



2019/5月撮影 江津湖にて

2018.06.03    カテゴリ:  遊び 

   アマガエルの合唱

今日は朝から子供の算数や国語のドリルに付き合い、その後部屋やトイレや風呂を掃除した。

昼から割と近いきれいな川に行ったが、家族連れがちらほら来ていたのでさっさと引き返し、割と近いきれいではない川に行った。それから帰宅しシャワーを浴び、子供を習い事に連れて行った。

この時期夜になると、近くのプールでアマガエルが合唱する。残念ながら田んぼはないのだけども、カエルの声はとても良いですね。

2018.04.28    カテゴリ:  遊び 

   ミヤボー復活

 
熊本地震後の護岸工事などで、少し下流で営業されていた宮本ボートさん。
元の場所に施設が収まり営業されています。

宮本ボート180401-001江津湖700




残念ながら、桟橋での釣りはできないようです。
料金は30年前から変わってないような気がします。子供だった頃に憧れだった一日貸し切り。

宮本ボート180401-003江津湖700


2018/4月撮影 江津湖にて

2017.08.24    カテゴリ:  遊び 

   湖上にて

 
 
子供らと久しぶりにボートに乗りました。

大曲駐車場は震災で被害を受けたため、宮本ボートは桟橋を少し下流に移して営業中でした。
その大曲駐車場も工事が終わったので、桟橋もぼちぼち元の位置に戻されるようです。

江津湖170813-01-700
江津湖170813-02-700



杭柵工で復旧された護岸です。

江津湖170813-03-700
江津湖170813-08-700




下の写真は被害を免れた旧来の練石積(ねりいしづみ)護岸。この黒っぽい石はかつて緑川から採取されたものとのこと。

江津湖170813-05-700



下の写真は今回の復旧工事で新たに整備された練石積護岸。白っぽい石は、金峰山の採石場から持ってきたものと聞きました。
河川から石や砂利を自由に取ることができる時代ではないのです。

江津湖170813-06-700


2017/8月スマホで撮影 江津湖にて

2015.09.22    カテゴリ:  遊び 

   暗くなっても

 
夕暮れ時の江津湖。

もう帰るぞ、といっても、
子供らはなかなか川から上がってきません。

暗くなるまで水遊び150919



2015/9月撮影 江津湖にて

2015.08.30    カテゴリ:  遊び 

   ゾウさん滑り台 2015

 
 
ライジャケはもういらないかな。


ゾウさんプール150815-472


ゾウさんプール150815-476


ゾウさんプール150815-478




2015/8月撮影 江津湖にて


Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog