FC2ブログ

2018.08.15    カテゴリ:  江津湖以外 

   湧水地のヒラモ

ヒラモほか水中風景180813-139嘉島町下六嘉_700湧水
E-620 ZD14-54mmⅡ(14mm) f3.5 1/180秒 ISO100



2018/8月撮影 熊本県内湧水地にて

2018.08.14    カテゴリ:  江津湖以外 

   ヤマメ (熊本県緑川水系)

 

緑川水系の上流の淵に、放流個体と思われるヤマメが泳いでいました。
全長15cmほどの小型の個体です。

ヤマメ180813-062(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(54mm) f3.5 1/180秒 ISO100



早瀬にはもう少し大きな、いわゆるヤマメらしいヤマメがいたのですが、警戒心が強く接近できませんでした。
ちなみに、小型のイワナの仲間もいました。もちろん、放流個体です。



ヤマメは、北海道、静岡以北の太平洋側、山口県以北の日本海側および大分県を除く九州に分布します。

一生のうち海へ下り大型化するものをサクラマス、淡水域で過ごすものをヤマメと呼びます。繁殖期は10月中旬から11月下旬。淵から瀬に移行する砂礫底が産卵場となります。河川では水生昆虫などの小動物を、海では小魚などを餌としています。



子供の頃からヤマメには憧れていました。
自分の力で初めて釣ったのは佐賀県の日本海側にあるとあるダム湖。大学生の時、夏の終わりに一人でキャンプをして、薄暗い夕方に#20の毛バリでやっとかけたのでした。


いつかどこかで、ヤマメの繁殖行動を見てみたいものです。


2018/8月撮影 熊本県内河川にて
参考:
・山渓ハンディ図鑑15 日本の淡水魚(編・監修/細谷和海、写真/内山りゅう).2015.山と渓谷社

2018.07.29    カテゴリ:  江津湖以外 

   カワヒガイ

 
カワヒガイが多い水路。

幼魚が群れながら、石に付いた餌を食んでいました。 

カワヒガイ180728-151_700
E-620 ZD14-54mmⅡ(32mm) f4 1/180秒 ISO125


2018/7月撮影 福岡県内水路にて

2018.07.01    カテゴリ:  江津湖以外 

   ドジョウ (福岡市)

 
福岡市の公園的施設の水路で、子どもがドジョウを捕まえました。
全長5cmくらい。


外来のカラドジョウではないようですが、放流由来の個体の可能性もあります。

ドジョウ180701福岡市JPG
E-620 ZD50mm Macro(50mm) f5 1/250秒 ISO160 自然光



2018/7月 福岡市の公園的施設の水路にて

2018.06.27    カテゴリ:  江津湖以外 

   アリアケスジシマドジョウ (福岡県)


田植え後の水路。

トラクターで農薬散布中でした。水路にいると頭の上に農薬の顆粒が降りかかってきます。
除草剤やスクミリンゴガイ(ジャンボタニシ)駆除用の薬剤らしいです。イシガイ類とか大丈夫なんでしょうか。



伝統的な用排兼用の土水路では、田んぼで暖められた水が水路に入ってくるので、水がぬるくなってます。
そこに縦条の目立つアリアケスジシマドジョウがいました。
下流側からジリジリと近づきます。


アリアケスジシマドジョウ180624-234(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(43mm) f5.6 1/180秒 ISO200





上流に移動すると、水が冷たい部分があります。伏流水が出ていたり、かんがい用水が合流したりしているようです。ここにもアリアケスジシマドジョウ。

アリアケスジシマドジョウ180624-263(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(25mm) f7.1 1/180秒 ISO200






2018/6月撮影 福岡県内水路にて

2018.06.19    カテゴリ:  江津湖以外 

   ヤマトシマドジョウ


田植え時期の福岡県の水路。
ヤマトシマドジョウがいました。

染色体数の違いから5つの集団が知られています。写真は染色体数82本の集団(Y82)のもので、有明海流入河川集団(Y86)とはまた異なるのですね。


ヤマトシマドジョウ180617-01
E-620 ZD14-54mmⅡ(37mm) f7.1 1/180秒 ISO200


繁殖期は5〜6月頃で、岸際にある植生域の根際などで産卵するそうです。





連れ立って瀬を遡上する個体。

ヤマトシマドジョウ180617-02
E-620 ZD14-54mmⅡ(46mm) f7.1 1/180秒 ISO160

1980年代中頃までは、江津湖が増水すると河童堀にもヤマトシマドジョウがたくさん遡上していたものでした。



2018/6月撮影 福岡県水路にて

参考:
中島淳・内山りゅう.日本のドジョウ 形態・生態・文化と図鑑.山と渓谷社.2017

2018.06.17    カテゴリ:  江津湖以外 

   カワヒガイ 

 
田植え時期の福岡県の水路。


カワヒガイのオスがトンガリササノハガイをのぞいていました。
わずかに婚姻色が残っていますね。

カワヒガイ180617_700-1
E-620 ZD14-54mmⅡ(37mm) f7.1 1/180秒 ISO200




今回メスは見あたらず。

カワヒガイ180617_700-2
E-620 ZD14-54mmⅡ(37mm) f7.1 1/180秒 ISO200



2018/6月撮影 福岡県内水路にて

2018.05.30    カテゴリ:  江津湖以外 

   福岡県の水路 (4月)




山すその伏流水のある水路でした。

そういえば、新しい環境省レッドリスト2018では、カゼトゲタナゴがⅠB類にランクアップしてしまいました。俺らが大切にしてやらんから。


アブラボテ180411-328(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(43mm) f6.3 1/180秒 ISO200



イトモロコ180411-378(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(45mm) f7.1 1/180秒 ISO320



カゼトゲタナゴ180411-165(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(38mm) f7.1 1/180秒 ISO400



カゼトゲタナゴ180411-364(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(48mm) f7.1 1/180秒 ISO320



カゼトゲタナゴ180411-319(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(43mm) f6.3 1/180秒 ISO200



カゼトゲタナゴ180411-273(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ38mm) f7.1 1/180秒 ISO400



2018/4月撮影 福岡県内水路にて

2018.05.23    カテゴリ:  江津湖以外 

   カゼトゲタナゴ



砂礫の中に小さなイシガイが潜っていました。


カゼトゲタナゴ180520-159_700
E-620 ZD14-54mmⅡ(54mm) f7.1 1/180秒 ISO160



カゼトゲタナゴ180520-137_700
E-620 ZD14-54mmⅡ(43mm) f7.1 1/180秒 ISO160


2018/5月撮影 熊本県内小河川(江津湖以外)

2018.05.17    カテゴリ:  江津湖以外 

   カゼトゲタナゴ

 
 
カゼトゲタナゴ180430-003_700
E-620 ZD14-54mmⅡ(45mm) f6.3 1/180秒 ISO125



2018/4月撮影 熊本県内小河川(江津湖以外)


Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog