FC2ブログ

2019.07.11    カテゴリ:  江津湖以外 

   梅雨の晴れ間にて(ニッポンバラタナゴ)

 
熊本のとある水路でニッポンバラタナゴを探しました。

ニッポンバラタナゴは、全長4~5cm。熊本ではビンタ、シビンタなどと呼ばれます。外来亜種タイリクバラタナゴに似ますが、タイリクバラタナゴと比べて側線有孔鱗数が少ない(0~5)傾向があります。種の同定には遺伝子分析が必要です。

繁殖期は3~9月で、ドブガイやイシガイなどに数粒の卵を産卵します。仔魚はふ化後20日程度で貝から浮出し、生後半年から1年で成熟します。雑食性。


ニッポンバラタナゴ190706-254(700)
E-620 ZD50mm Macro f5.6 1/320秒 ISO160 自然光



1942年にソウギョ、ハクレンなどの種苗に混じって日本に持ち込まれたとされる外来亜種タイリクバラタナゴとの交雑が進み、今では奈良県、大阪府、香川県、岡山県、九州北部の一部に残るのみだそうです。悲しいことに江津湖の個体群もタイリクバラタナゴと交雑してしまい、純系のニッポンバラタナゴはいないと考えられています。

ちなみに、昭和の日本画家堅山南風(明治20年~昭和55年)が大正15年(1926年)に郷里の江津湖畔で描いた「魚楽園」には、当時江津湖に生息していたニッポンバラタナゴらしい魚がカネヒラとともに描かれており、当時の様子がしのばれます。



2019/7月撮影 熊本県内水路にて(江津湖以外)
参考:
・山渓ハンディ図鑑15 日本の淡水魚(編・監修/細谷和海、写真/内山りゅう).2015.山と渓谷社
淡水魚図鑑(外来種)タイリクバラタナゴ 地方独立行政法人大阪府立環境農林水産総合研究所

2019.07.09    カテゴリ:  江津湖以外 

   梅雨の晴れ間にて(カジカ大卵型)

 

いないなあと半ば諦めつつ脱力して水面を流されていると、それらしい柄がチラッと見えました。

石につかまってからいくつか石をめくり、ようやく見つけました。カジカ大卵型です。

カジカ大卵型190706-576(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(52) f5.6 1/180秒 ISO200





近くにいた別個体。胸鰭軟条数13。

カジカ大卵型190706-621(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(54) f5.6 1/180秒 ISO200



ところでこの親切な解説にもあるように、九州のカジカは大卵型=中卵型という仮説があるようです。
実際のところはどうなのか、凡人はただ続報を待つのみです。



2019/7月撮影 熊本県にて(江津湖以外)

参考:http://d.hatena.ne.jp/OIKAWAMARU/20180606

2019.07.08    カテゴリ:  江津湖以外 

   梅雨の晴れ間にて(オヤニラミ)

 
 
浅瀬にツルヨシが茂る川に、オヤニラミがいました。

江津湖のオヤニラミは人の手で持ち込まれた国内外来種だと考えられていますが、この川はオヤニラミの自然分布河川です。


オヤニラミ190706-431(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(54) f6.3 1/180秒 ISO160





流心の瀬の岩陰や岸辺近くのツルヨシのすき間などにいます。
他の個体を攻撃して縄張を守っているオヤニラミもいます。


ところで、この川のオヤニラミにとっては人間が珍しいらしく、こちらを観察しに近寄ってきます。このようにオヤニラミは本来好奇心がとても強いのです。
しかし近すぎる。

オヤニラミ190706-437(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(54) f6.3 1/180秒 ISO100






ツルヨシの間からジッとこちらをみつめる大型個体がいました。

オヤニラミ190706-448(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(41) f6.3 1/180秒 ISO160







よく見ると、ツルヨシの茎に卵が産みつけられていました。卵を保護しているオスのようです。

オヤニラミ190706-518(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(29) f5 1/180秒 ISO125






最近生まれたらしい小さな稚魚がいました。無事に大きくなれるでしょうか。
午前中は別の場所でオヤニラミの卵がムギツクの群れに襲われるところを目撃しました。オス親はしばらくは目が離せないでしょう。

オヤニラミ190706-470(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(54) f5 1/180秒 ISO160




2019/7月撮影 熊本県にて(江津湖以外)


2019.07.07    カテゴリ:  江津湖以外 

   梅雨の晴れ間にて(ウグイ)


久しぶりに川へ。
  
川190706-761(700)

 




落差下の少し深いところでウグイが産卵していました。

ウグイの婚姻色を見たのは初めてです。ウグイ属の成魚は雌雄ともに婚姻色が出るそうです。


ウグイ190706-697(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(17) f5 1/180秒 ISO200






ウグイの婚姻色はオレンジと黒色で、額から背の方にある青白い点々は追星(おいぼし)です。
図鑑によると追星とは、「繁殖期に表皮が厚く硬くなってできる突起のことで、頭部やうろこ、ひれに生じる。追星の出現パターンは近縁種間で異なることがあり、重要な分類形質となる。」とあります。

ウグイ190706-675(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(47) f5.6 1/180秒 ISO320





2019/7月撮影 熊本県にて(江津湖以外)
参考:山渓ハンディ図鑑15 日本の淡水魚(編・監修/細谷和海、写真/内山りゅう).2015.山と渓谷社

2019.06.14    カテゴリ:  江津湖以外 

   テンニンギク

 
仕事で行った南の島。

南の島の岩礁20190612






空港の周りにはテンニンギク(北米原産)が所々に見られます。別名Sundance(太陽の踊り)、特攻花。

海も空も花も一つずつが何とも色鮮やかです。真偽は別としても、この島の悲しい歴史を伝える花でもあります。

テンニンギク20190612



2019/6月撮影 南の島にて

2019.05.18    カテゴリ:  江津湖以外 

   飯田山の背比べ

今年も近所のアマガエルが合唱する季節になりました。
今住んでいるところは街中で田んぼもないのですが、日が暮れるととある公共施設からアマガエルの鳴き声が聞こえてきます。


そういえば、連休中に長男と益城町の飯田山に登ったのでした。
飯田山は、熊本市民にはなじみの「託麻ケ原」の東側、益城町にある標高431.2メートルの山です。

途中の石積にニホントカゲがいました。

ニホントカゲ190504-374益城町飯田山(700)




山頂付近は植物が刈り払われ、ちょっとした草地になっています。

長男190504-403飯田山(700)
飯田山三角点190504-381飯田山(700)




マルハナバチの仲間でしょうか。

マルハナバチの仲間190504-394飯田山(700)




シダ植物の若芽です。ワラビなんですかね。昔は西原あたりの草原に、家族でワラビ狩りに行っていました。

ワラビ190504-418飯田山(700)




たくさんあった野の花。名前は分かりません。

山野草190504-421飯田山(700)





遠く金峰山(標高665.2m)を望む。
手前に江津湖が光っています。

江津湖と金峰山190504-410飯田山(700)

国府高校のHPに、飯田山の背比べの話が載っていました。
以下、引用です。



その昔、飯田山(いいださん)が金峰山(きんぼうざん)に背くらべを申し込んだところ、金峰山は「オレに勝つはずがなかろうが」と軽くあしらいました。それに怒った飯田山は「いや、自分の方が絶対に高い!」と言い張り、結局互いの項上に樋(とい)をかけて水を流しどちらが高いのか比べてみようということになりました。

 そこで、山頂間に樋を渡し、水を流してみると、高さ自慢を言い出した飯田山の方へ流れてしまい、すっかり恥をかいた飯田山は背比べなど、もう「言い出ださん」と言ったとか。このことから、いつの間にか「飯田山(いいださん)」と呼ばれるようになったそうです。また、飯田山の頂上付近にある池はこの時の樋の水がたまってできたものといわれています。



引用終わり。


この時使った水は江津湖の水だったという話もあります。
また、江津湖で撮られた昔の写真でも、背景に飯田山や金峰山が写っているものが多く、その山の形から撮影した方角を知ることができます。

金峰山と飯田山。熊本では馴染み深い山なんですが、飯田山に登ったのは初めてで、ずっと残っていた宿題を済ませたような気持になりました。最近一緒に行動することが少ない長男と二人で登れたのもよかったです。ありがとう!



2019/5月撮影 益城町飯田山にて


引用:肥後の民話と伝説.熊本国府高校ホームページ

2019.05.08    カテゴリ:  江津湖以外 

   浅い水路にて


緑川水系の浅い水路で見た小さなカゼトゲタナゴ
三面張ながら砂礫が薄く堆積し、そこに小型のマツカサガイイシガイもいました。


カゼトゲタナゴ190504-065(700)
E-620 ZD50mm Macro f5 1/180秒 ISO160


カゼトゲタナゴ190504-043(700)
E-620 ZD50mm Macro f5.6 1/160秒 ISO160



緑川水系の水路でも農業基盤整備や震災復興のための工事が進んでいて、その住みかは減っていくばかりです。

貴重な生きものが残る水路なのでその存在がよく把握されて、配慮されるとよいのですが。。



2019/5月撮影 熊本県緑川水系の農業用水路にて

2019.05.01    カテゴリ:  江津湖以外 

   春の雨

 
雨が続きました。

雨190429-12(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(14) f5 1/60秒 ISO200




池のいたるところでアメリカザリガニが交尾していました。

アメリカザリガニ190429-08(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(25) f5 1/180秒 ISO200




オイカワたちが石に着いた藻類を食んでいました。熊本ではハエと呼ばれます。

オイカワ190429-91(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(50) f5 1/100秒 ISO250




みかけに寄らず実はかなり敏捷なドンコ。熊本ではドンカッチョやドグラと呼ばれます。

ドンコ190429-19(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(33) f5 1/180秒 ISO200




今日はウグイを見に来たのでした。熊本ではイダです。
雨だからといって産卵していなかった。個体数も少なかった。みんなどこ行った?

ウグイ190429-57(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(33) f4 1/80秒 ISO250





大型個体の鼻先(吻)が伸びてます。産卵時に礫底を掘るためなんでしょうね。
メスなんですかね。変わってる。

ウグイ190429-39(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(27) f3.5 1/100秒 ISO200



2019/4月撮影 熊本県内湧水池にて

2019.04.11    カテゴリ:  江津湖以外 

   潮の満ち引き


先日、子どもと近所の浜に貝ほりに行ったら、結構とれた。

殻は大きいが身はまだ小さかった。おいしかった。

アサリ190407-039(700)
E-620 ZD50mm Macro f5 1/320秒 ISO160 自然光

自宅から歩いて10分ほどの小さな浜の恵み。無心に浜をほっていると気分がよかった。

そういえば熊本に住んでいたころは、自宅からほぼ同じくらいの距離に江津湖があった。逆に貝ほりには宇土あたりまで車で行っていた。




2019/4月撮影 福岡市博多湾にて


2019.04.07    カテゴリ:  江津湖以外 

   麦畑とヒバリの声


天気がとてもよく、江津湖に行きたかったのですが諸事情で諦め。
子供らが部活から戻ってくるまで、福岡県内の伏流水のある水路へ。


水路の下流域。
直上にあるオオカナダモ地帯が濁りの粒子を沈降させ、水が澄みきっていました。
カゼトゲタナゴやアブラボテがいました。

カゼトゲタナゴ190406-026(700)
E-620 ZD50mm Macro f5 1/180秒 ISO200





水路を遡上して中ほど。
少し濁りが入っていましたが、二枚貝があるので産卵行動や腹黒のオスの闘争も見られます。

カゼトゲタナゴ190406-123(700)
E-620 ZD50mm Macro f5 1/180秒 ISO160

カゼトゲタナゴ190406-144(700)
E-620 ZD50mm Macro f5 1/180秒 ISO160





さらに遡上したところ。
澄んだ深みにカゼトゲタナゴがたくさんいました。ここにも二枚貝があります。

下の写真はラスボス的なオス。大柄で腹が黒く、物陰から時々貝があるらしいところをパトロールして占有しているようでした。
のどかなカゼトゲにしてはなかなか警戒心が強い個体です。

カゼトゲタナゴ190406-175(700)
E-620 ZD50mm Macro f5 1/180秒 ISO160


ここではそのほか、アブラボテ、バラタナゴ、ヤリタナゴ、フナ、オイカワ、モツゴ、イトモロコ、ミナミメダカ、ナマズを確認。
バラタナゴは複数個体を目撃。




バラタナゴです。

ニッポンバラタナゴ190406-204(700)
E-620 ZD50mm Macro f5 1/180秒 ISO160






水面を泳ぐミナミメダカ。

ミナミメダカ190406-232(700)
E-620 ZD50mm Macro f5 1/180秒 ISO160




2019/4月撮影 福岡県内水路にて



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog