fc2ブログ

2024.02.07    カテゴリ:  江津湖以外 

   ヒモムシの仲間?

 
これはヒモムシの仲間?

ヒモムシ類240106-11(1800)


2024年1月撮影 福岡の汽水にて

2024.01.06    カテゴリ:  江津湖以外 

   1月の汽水


河口でモクズガニをよく見かけました。
2匹でいるものも、単独のものも。

モクズガニ240106-02(2000)





ビリンゴ。
お腹が膨れています。

ビリンゴ240106-50(1600)







シマイサキ。
障害物周りで数匹採れました。
秋と比べると体色が黒っぽいです。

シマイサキ240106-34(1600)


ボラの子(ハク)も群れていたが撮れず。


2024年1月撮影 福岡にて

2023.11.04    カテゴリ:  江津湖以外 

   秋の河口

ツマグロスジハゼ231103-049(2000) クツワハゼ231103-107(2000)
ツマグロスジハゼ                               クツワハゼ


アカオビシマハゼ231103-110(2000) マハゼ231103-071(2000)
アカオビシマハゼ                               砂に潜るマハゼ



シマイサキとクロホシフエダイ231103-012(2000)
クロホシフエダイ2匹混じりシマイサキ

シマイサキ231103-076(2000) クロホシフエダイ231103-041(2000)
シマイサキ                                   クロホシフエダイ



ヨウジウオ231103-123(2000) ネズミゴチ231103-057(2000)
ヨウジウオ                                   ネズミゴチ



ヒガンフグ231103-022(2000) マフグ231103-018(2000)
ヒガンフグ                                   マフグ?



アカカマス231103-119(2000) ボラ231103-027(2000)
アカカマス                                   ボラ



オヤビッチャ231103-034(2000) ツキチョウチョウウオ231103-104(2000)
オヤビッチャ                                  ツキチョウチョウウオ

コトヒキ探しているんだけどいない。


2023年11月撮影 福岡にて


2023.10.29    カテゴリ:  魚類 

   サッパとカタクチイワシ


河口付近にサッパがいました。
そういえば、去年も同じ場所で同じ時期に釣っていました。
ニシン目ニシン科サッパ属(Sardinella zunasi)。

熊本であれば一般に「ハダラ」といえば通じます。


全長8cmほどの個体。

サッパ231029TG-25(2000)




大量に群れていた全長5cmほどの個体。

サッパ231029TG-41(2000)






カタクチイワシも群れていました。
ニシン目カタクチイワシ科カタクチイワシ属カタクチイワシ(Engraulis japonica)。
全長6cmほどの個体。

カタクチイワシ231029TG-48(2000)


きちんと産卵があって、およそ決まった時期に若い個体がたくさんやってくるという当たり前のことがとても素晴らしいと思います。

サッパやカタクチイワシのような小魚だって、私たちを陰で支えてくれています。


2023年10月撮影 福岡県博多湾にて



2023.10.22    カテゴリ:  江津湖以外 

   夏の終わりに


ものすごく好奇心が強いイシダイの幼魚。
撮りにくいのでもう少し離れて~。

イシダイ230930-090(2000)





最近、よく目にするクロホシフエダイの幼魚。
1~2匹でいたり、シマイサキの群れに混じっていることが多い。

クロホシフエダイ230930-081(2000)





コンゴウフグ?
ずっとこっちを見ていた。

コンゴウフグ230930-088(2000)





これは漁港に浮いていた黄色い魚。マツダイ幼魚だったかも。
死んでいたわけではなかったのか。

マツダイ230930-110(2000)


2023年9月撮影 福岡県にて

2023.10.14    カテゴリ:  江津湖以外 

   サナダユムシ (Ikeda taenioides(Ikeda, 1904))

 
砂浜の浅い海底に大きなゴカイのようなものがいました。

サナダユムシ230930-102(2000)


触るとスルスルっと穴の中に入っていきました。
「サナダユムシ」という生物に似ています。


環形動物門ユムシ鋼サナダユムシ科サナダユムシ属サナダユムシ(Ikeda taenioides(Ikeda, 1904))ではないか、と思います。

海底に見えていたのは口吻のようで、本体は穴の中に潜んでいたようです。

サナダユムシ230930-100(2000)


2023年9月 福岡県にて
参考:大城他.2020.サナダユムシ(環形動物門:ユムシ綱:サナダユムシ科)の紀伊半島,日本海及び奄美大島からの記録.日本ベントス学会74:93-97.

2023.09.12    カテゴリ:  江津湖以外 

   ヨウジウオ(Syngnathus schlegeli)


ヨウジウオSyngnathus schlegeli)。
トゲウオ目ヨウジウオ科ヨウジウオ属。


海藻の陰に隠れていました。

ヨウジウオ230910-002(2000)




俊敏に動くことはあまりなく、アマモの流れ藻などに擬態しているようです。
危険を感じるとスルスルっと素早く泳ぎますが、遠くには行かないので見失うことはありません。

ヨウジウオ230910-071(2000)


2023年9月撮影 福岡県沿岸にて

2023.09.05    カテゴリ:  江津湖以外 

   盆過ぎの海2


いきなりの不明種幼魚。ヒイラギ?

不明種230903-063(2000)





アカカマス幼魚

カマス230903-056(2000)




クロサギの幼魚たち

クロサギ230903-039(2000)




クロサギ幼魚

クロサギ230903-209(2000)




クロホシフエダイ幼魚

クロホシフエダイ230903-207(2000)




コショウダイ幼魚

コショウダイ230903-117(2000)




シマイサキ幼魚の群れ

シマイサキ230903-185(2000)




同じくシマイサキ幼魚

シマイサキ230903-085(2000)




ゴンズイ

ゴンズイ230903-014(2000)



ダツ またはオキザヨリかも
テンジクダツ?

ダツ230903-160(2000)




ダツ またはオキザヨリかも

ダツ230903-091(2000)




ハマダツ

ハマダツ230903-062(2000)




テンジクスズメダイ(前オヤビッチャと間違えたやつ)
オヤビッチャ

テンジクスズメダイ230903-042(2000)




ヒラメ

ヒラメ230903-179(2000)


2023年9月撮影 福岡県沿岸にて

2023.09.04    カテゴリ:  江津湖以外 

   盆過ぎの海

 
イシガキダイ

イシガキダイ230903-125(2000)



ウミタナゴ

ウミタナゴ230903-124(2000)



クロサギ

クロサギ230903-212(2000)



2023年9月撮影 福岡県沿岸にて

2023.08.27    カテゴリ:  江津湖以外 

   コショウダイ?

 
海岸近くの丘の上に神社があり、
その周りにはわずかに社寺林を兼ねた緑地がある。

赤潮で見通しが悪い内湾の中で、丘の下の海中は湧水があるのか部分的に透視度が高い。

植物片や落ち葉、ビニール片などが沈む海底に、黒く小さなものがあった。
まるで落ち葉だけど、ヒラヒラと不自然に移動する。


コショウダイ230827-4(2000)



コショウダイの幼魚?
素手で捕まりそうでなかなか捕まらない。


2023年8月撮影 博多湾にて


Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog