FC2ブログ

2019.05.08    カテゴリ:  江津湖以外 

   浅い水路にて


緑川水系の浅い水路で見た小さなカゼトゲタナゴ
三面張ながら砂礫が薄く堆積し、そこに小型のマツカサガイイシガイもいました。


カゼトゲタナゴ190504-065(700)
E-620 ZD50mm Macro f5 1/180秒 ISO160


カゼトゲタナゴ190504-043(700)
E-620 ZD50mm Macro f5.6 1/160秒 ISO160



緑川水系の水路でも農業基盤整備や震災復興のための工事が進んでいて、その住みかは減っていくばかりです。

貴重な生きものが残る水路なのでその存在がよく把握されて、配慮されるとよいのですが。。



2019/5月撮影 熊本県緑川水系の農業用水路にて

2019.05.02    カテゴリ:  魚類 

   雨の日のタカハヤ


江津湖でタカハヤを観察しました。
熊本に住んでいた子供の頃は、父や叔父からアブラメという呼び名を習いました。

タカハヤは冷たい湧水に依存する魚で、上江津湖ではレギュラー中のレギュラーメンバーです。体長は5cm余りと小型です。小さいがゆえに私はタカハヤの撮影が苦手なんですが、今回割とまともに写っていました。湧水が流れ込むところの植物の下などに群れていることが多いです。



この日は水底の斜面で藻類か何かを盛んに食べていました。

タカハヤ190430-63(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(54) f5.6 1/180秒 ISO200




岸近くにいて常に食い気があるので、小さな針(秋田キツネ1号など)を使って釣りをすれば小さな子供でも釣ることができます。

タカハヤ190430-60(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(54) f5.6 1/180秒 ISO200

タカハヤ190430-59(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(54) f5.6 1/180秒 ISO200



この日産卵はみられなかったものの、大型の個体が並行遊泳したり、オスらしい個体がメスを追ったりするのを観察できました。以前白い橋の上で出会ったおじいさんの言葉を借りれば、「タカハヤが動揺している」といった感じです。産卵が近いのでしょう。


地味な魚ではありますが、街中にタカハヤが暮らす川はそう多くはないのではないでしょうか。江津湖の湧水を指標する種として市民にもっと知られ、大切にされてもよいと思います。



2019/4月撮影 江津湖にて

2019.05.01    カテゴリ:  江津湖以外 

   春の雨

 
雨が続きました。

雨190429-12(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(14) f5 1/60秒 ISO200




池のいたるところでアメリカザリガニが交尾していました。

アメリカザリガニ190429-08(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(25) f5 1/180秒 ISO200




オイカワたちが石に着いた藻類を食んでいました。熊本ではハエと呼ばれます。

オイカワ190429-91(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(50) f5 1/100秒 ISO250




みかけに寄らず実はかなり敏捷なドンコ。熊本ではドンカッチョやドグラと呼ばれます。

ドンコ190429-19(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(33) f5 1/180秒 ISO200




今日はウグイを見に来たのでした。熊本ではイダです。
雨だからといって産卵していなかった。個体数も少なかった。みんなどこ行った?

ウグイ190429-57(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(33) f4 1/80秒 ISO250





大型個体の鼻先(吻)が伸びてます。産卵時に礫底を掘るためなんでしょうね。
メスなんですかね。変わってる。

ウグイ190429-39(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(27) f3.5 1/100秒 ISO200



2019/4月撮影 熊本県内湧水池にて

2019.04.16    カテゴリ:  魚類 

   榎の実鉄砲


江津湖のエノキの若葉と青い実。
榎の実鉄砲の弾という使い方もあります。

エノキの若葉190415-408江津湖(700)





春の早瀬190415-279江津湖(700)
春の早瀬190415-281江津湖(700)




つぶらまなこのナマズ君たちが活発にウロウロしていました。春ですね。

ナマズ190415-029江津湖(700)
E-620 ZD50mm Macro f5 1/180秒 ISO200






おしゃれなヤマトシマドジョウ君も。

ヤマトシマドジョウ190415-262江津湖(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(43mm) f9 1/50秒 ISO200





おちょぼ口のムギツクさんたちも。

ムギツク190415-106江津湖(700)
E-620 ZD50mm Macro f5 1/180秒 ISO160




死んだふりのオヤニラミちゃんも。

オヤニラミ190415-235江津湖(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(54mm) f5 1/180秒 ISO200




いつも腹ペコなコイさんも。

コイ飼育型190415-077江津湖(700)
E-620 ZD50mm Macro f6.3 1/180秒 ISO250



2019/4月撮影 江津湖にて

2019.03.30    カテゴリ:  魚類 

   フナとイシカッチョ

 

人に驚いて、隠れがに潜ってしまった江津湖のフナたち。

フナ類190324-093江津湖(700)
E-620 ZD50mm Macro f5.6 1/180秒 ISO250





トウヨシノボリ。地元ではイシカッチョと呼ぶ人もいます。
流れのあるところであればどこにでもいた魚ですが、数年前から江津湖で減ってきているような気がしています。

トウヨシノボリ190324-109江津湖(700)
E-620 ZD50mm Macro f5.6 1/180秒 ISO250





こちらはゴクラクハゼ
個人的には2017年12月に江津湖で初めて見て以来、毎回目撃します。
確実に定着しているようです。

ゴクラクハゼ190324-019江津湖(700)
E-620 ZD50mm Macro f5 1/180秒 ISO200


2019/3月撮影 江津湖にて

2019.03.10    カテゴリ:  江津湖以外 

   ヤリタナゴ

 
頭が煮詰まってきたので、川へ逃避しました。
春産卵のヤリタナゴを見に。。

雄の婚姻色はまだこれからです。
腹のふくれたメスがたくさんいて、石に着いた何かを盛んに食べています。
ここでの産卵盛期はもう少し後のようです。

ヤリタナゴ190309-091(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(54mm) f5 1/160秒 ISO200



ヤリタナゴ190309-094(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(54mm) f5 1/160秒 ISO200

江津湖ではもう見られなくなった光景です。


2019/3月撮影 熊本県内小河川にて

2019.02.17    カテゴリ:  江津湖以外 

   イトモロコ


湧水が流れる水路。
水草が茂って流れが緩やかなところに、イトモロコが群れていました。普通種です。

イトモロコ190112-082(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(37mm) f5.6 1/180秒 ISO200




イトモロコの特徴の一つは口元の長いひげです。このひげをきれいに写したいのに写ってない。。


イトモロコ190112-061(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(49mm) f5 1/180秒 ISO160


2019/1月撮影 熊本県菊池川水系にて

2019.01.18    カテゴリ:  江津湖以外 

   正月休み


正月休みには、父と水前寺公園へ初詣に行きました。
小中学校の同級生と会ったり。

水前寺公園DSC_0044





菊池川流域にある和水町へ。
木に覆われた江田船山古墳。

江田船山古墳DSC_0137




この日は、民家村にある藁ぶき屋根の古民家に泊めてもらいました。
玉名郡玉東町から移築されたもので、元々は江戸時代末期に建てられたもの。

古民家DSC_0127
古民家DSC_0131
古民家190103-14


翌日は川を遡り、菊池市で親戚を見舞いました。
和水町を震源とする割と大きな地震があったのは、その日の夜でした。


2019/1月 熊本にて

2019.01.11    カテゴリ:  江津湖以外 

   センニンモ


水路を眺めていたら、センニンモらしい水草がありました。

センニンモ190109-61(700)
E-620 ZD50mm Macro f2 1/180秒 ISO400
  

昭和10年に描かれた江津湖の植生図によると、センニンモは江津湖でも健軍川の流れ込み付近に広がっていたようです。昭和62年の調査でも、上江津湖上流域の左岸で少量が確認されているようです。
ちなみに今では全く見あたりません。

センニンモ190109-29(700)
E-620 ZD50mm Macro f2 1/80秒 ISO400


移植はダメですが、江津湖でもまた自然と生えてこんかなぁ。


2019/1月撮影 菊池川水系の水路にて

2019.01.05    カテゴリ:  魚類 

   江津湖にて 2019年1月

 
冷え込んだ新年の熊本盆地。

江津湖では深みや湧水地を中心に、色々な魚を見ました。ただしコイ(飼育型)などの、国内外からの外来種も目立っています。



下の写真はジルティラピア(国外外来種)。

ジルティラピア190102-197(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(54mm) f5 1/180秒 ISO160




タモロコ(国内外来種)。

タモロコ190102-065(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(54mm) f5 1/60秒 ISO160




ゼゼラ(国内外来種)。

ゼゼラ190102-120(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(46mm) f5 1/180秒 ISO160




オヤニラミ(国内外来種)。

オヤニラミ190102-185(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(54mm) f4 1/180秒 ISO200




コイ飼育型(第3の外来種・国外外来種)。

コイ飼育型190102-046(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(28mm) f5 1/60秒 ISO160




以下は、在来種と思われるムギツク、ウキゴリ、カマツカ、イトモロコ。

ムギツク190101-104(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(54mm) f4 1/160秒 ISO200

ウキゴリ190101-149(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(41mm) f4.5 1/125秒 ISO200

カマツカ190101-127(200)
E-620 ZD14-54mmⅡ(32mm) f4.5 1/180秒 ISO200

コウライモロコ190102-062(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(50mm) f5 1/60秒 ISO160





こちらも在来系統であって欲しい、フナです。
警戒心の強いフナですが、なんとか近づくことができました。

フナ190102-099(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(42mm) f5 1/180秒 ISO200

フナ190102-144(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(54mm) f5 1/180秒 ISO200



そのほか、1匹のカネヒラが泳いでいたのはとてもうれしかったです。ただ1匹のカネヒラに喜びを覚える時が来るとは、江津湖で遊びまわっていた子供の頃には思いもよらなかったことです・・・。


2019/1月撮影 江津湖にて
参考:
2017 年度 市民公開講座 「第3の外来魚問題」— 人工改良品種の野外放流をめぐって — (日本魚類学会 2017 年 7 月)
日本の自然水域のコイ:在来コイの現状と導入コイの脅威.シリーズ・Series 日本の希少魚類の現状と課題.魚類学雑誌 64(2):213–218(2017 年 11 月 25 日)





Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog