FC2ブログ
アルバム
カテゴリ
プロフィール

かくびんた

Author:かくびんた
70年代熊本市生まれ。
出水小卒。今は福岡。
♪画図の湖凪ぎて
♪西に金峰 東阿蘇

e-mail
kakubinta@gmail.com
検索フォーム
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント

2019.05.02    カテゴリ:  魚類 

   雨の日のタカハヤ


江津湖でタカハヤを観察しました。
熊本に住んでいた子供の頃は、父や叔父からアブラメという呼び名を習いました。

タカハヤは冷たい湧水に依存する魚で、上江津湖ではレギュラー中のレギュラーメンバーです。体長は5cm余りと小型です。小さいがゆえに私はタカハヤの撮影が苦手なんですが、今回割とまともに写っていました。湧水が流れ込むところの植物の下などに群れていることが多いです。



この日は水底の斜面で藻類か何かを盛んに食べていました。

タカハヤ190430-63(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(54) f5.6 1/180秒 ISO200




岸近くにいて常に食い気があるので、小さな針(秋田キツネ1号など)を使って釣りをすれば小さな子供でも釣ることができます。

タカハヤ190430-60(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(54) f5.6 1/180秒 ISO200

タカハヤ190430-59(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(54) f5.6 1/180秒 ISO200



この日産卵はみられなかったものの、大型の個体が並行遊泳したり、オスらしい個体がメスを追ったりするのを観察できました。以前白い橋の上で出会ったおじいさんの言葉を借りれば、「タカハヤが動揺している」といった感じです。産卵が近いのでしょう。


地味な魚ではありますが、街中にタカハヤが暮らす川はそう多くはないのではないでしょうか。江津湖の湧水を指標する種として市民にもっと知られ、大切にされてもよいと思います。



2019/4月撮影 江津湖にて

2019.04.16    カテゴリ:  魚類 

   榎の実鉄砲


江津湖のエノキの若葉と青い実。
榎の実鉄砲の弾という使い方もあります。

エノキの若葉190415-408江津湖(700)





春の早瀬190415-279江津湖(700)
春の早瀬190415-281江津湖(700)




つぶらまなこのナマズ君たちが活発にウロウロしていました。春ですね。

ナマズ190415-029江津湖(700)
E-620 ZD50mm Macro f5 1/180秒 ISO200






おしゃれなヤマトシマドジョウ君も。

ヤマトシマドジョウ190415-262江津湖(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(43mm) f9 1/50秒 ISO200





おちょぼ口のムギツクさんたちも。

ムギツク190415-106江津湖(700)
E-620 ZD50mm Macro f5 1/180秒 ISO160




死んだふりのオヤニラミちゃんも。

オヤニラミ190415-235江津湖(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(54mm) f5 1/180秒 ISO200




いつも腹ペコなコイさんも。

コイ飼育型190415-077江津湖(700)
E-620 ZD50mm Macro f6.3 1/180秒 ISO250



2019/4月撮影 江津湖にて

2019.03.30    カテゴリ:  魚類 

   フナとイシカッチョ

 

人に驚いて、隠れがに潜ってしまった江津湖のフナたち。

フナ類190324-093江津湖(700)
E-620 ZD50mm Macro f5.6 1/180秒 ISO250





トウヨシノボリ。地元ではイシカッチョと呼ぶ人もいます。
流れのあるところであればどこにでもいた魚ですが、数年前から江津湖で減ってきているような気がしています。

トウヨシノボリ190324-109江津湖(700)
E-620 ZD50mm Macro f5.6 1/180秒 ISO250





こちらはゴクラクハゼ
個人的には2017年12月に江津湖で初めて見て以来、毎回目撃します。
確実に定着しているようです。

ゴクラクハゼ190324-019江津湖(700)
E-620 ZD50mm Macro f5 1/180秒 ISO200


2019/3月撮影 江津湖にて

2019.03.07    カテゴリ:  魚類 

   清流とモツゴ


通常は下流止水域の濁ったところにいるモツゴが、上流の清流にいました。
珍しいことです。

モツゴ180715-250藻器堀川700
E-620 ZD14-54mmⅡ(54mm) f6.3 1/180秒 ISO160


とはいえ、ここは温められた清流が流れ込んでくるところだったので、やはり温かい水が好きなのでしょう。



2018/7月撮影 江津湖にて

2019.01.05    カテゴリ:  江津湖周辺地域 

   全国都市緑化くまもとフェア基本構想書(素案)に関するパブリックコメント(意見募集)


熊本市では、タイトルにあるような意見募集がされています。締め切りは1月31日です。

→ (リンク)意見募集のページ



緑化フェアでは、水前寺江津湖公園が会場の一部となる予定で、計画には「水前寺成趣園から拡がる歴史・文化の発信と江津湖全域での回遊性の向上」とあります。

市長のマニュフェストにも「江津湖周辺に歩いて楽しめる遊歩道等の整備を行う」というのがあったけど、江津湖にはもう道はいらないかな(個人的な意見)。

2019.01.05    カテゴリ:  魚類 

   江津湖にて 2019年1月

 
冷え込んだ新年の熊本盆地。

江津湖では深みや湧水地を中心に、色々な魚を見ました。ただしコイ(飼育型)などの、国内外からの外来種も目立っています。



下の写真はジルティラピア(国外外来種)。

ジルティラピア190102-197(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(54mm) f5 1/180秒 ISO160




タモロコ(国内外来種)。

タモロコ190102-065(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(54mm) f5 1/60秒 ISO160




ゼゼラ(国内外来種)。

ゼゼラ190102-120(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(46mm) f5 1/180秒 ISO160




オヤニラミ(国内外来種)。

オヤニラミ190102-185(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(54mm) f4 1/180秒 ISO200




コイ飼育型(第3の外来種・国外外来種)。

コイ飼育型190102-046(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(28mm) f5 1/60秒 ISO160




以下は、在来種と思われるムギツク、ウキゴリ、カマツカ、イトモロコ。

ムギツク190101-104(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(54mm) f4 1/160秒 ISO200

ウキゴリ190101-149(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(41mm) f4.5 1/125秒 ISO200

カマツカ190101-127(200)
E-620 ZD14-54mmⅡ(32mm) f4.5 1/180秒 ISO200

コウライモロコ190102-062(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(50mm) f5 1/60秒 ISO160





こちらも在来系統であって欲しい、フナです。
警戒心の強いフナですが、なんとか近づくことができました。

フナ190102-099(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(42mm) f5 1/180秒 ISO200

フナ190102-144(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(54mm) f5 1/180秒 ISO200



そのほか、1匹のカネヒラが泳いでいたのはとてもうれしかったです。ただ1匹のカネヒラに喜びを覚える時が来るとは、江津湖で遊びまわっていた子供の頃には思いもよらなかったことです・・・。


2019/1月撮影 江津湖にて
参考:
2017 年度 市民公開講座 「第3の外来魚問題」— 人工改良品種の野外放流をめぐって — (日本魚類学会 2017 年 7 月)
日本の自然水域のコイ:在来コイの現状と導入コイの脅威.シリーズ・Series 日本の希少魚類の現状と課題.魚類学雑誌 64(2):213–218(2017 年 11 月 25 日)



2018.08.24    カテゴリ:  魚類 

   オイカワの産卵



平瀬でオイカワが闘争と産卵を繰り返していました。


オイカワ180818-196江津湖700
E-620 ZD14-54mmⅡ(38mm) f4 1/180秒 ISO100



オイカワ180818-193江津湖700
E-620 ZD14-54mmⅡ(38mm) f3.2 1/180秒 ISO100



オイカワ180818-164江津湖700
E-620 ZD14-54mmⅡ(48mm) f5 1/180秒 ISO100





産卵されたところを掃除するかのようにはい回るのはカマツカ君。

カマツカ180818-148江津湖(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(41mm) f5 1/180秒 ISO100


2018/8月撮影 江津湖にて

2018.08.11    カテゴリ:  植物 

   ヒメバイカモ (姫梅花藻)

 
江津湖のヒメバイカモ

となり町の湧水が流れる水路や池でも見ることができます。

ヒメバイカモ180803江津湖-38(700)

ヒメバイカモ180803江津湖-32(700)

2018/8月撮影 江津湖にて

2018.07.25    カテゴリ:  保全活動 

   7月25日付/新生面/コラム/熊本日日新聞

 
 
7月25日付 熊日新聞新生面より

以下引用。



 熊本市の江津湖を「草入り水晶」と称したのは水俣市出身の文豪徳冨蘆花だった。無色透明の石英に緑泥石[りょくでいせき]などの鉱物が含まれた状態を指す言葉だ。水中の藻などが織りなす光景がそう映ったのだろう▼先日、その江津湖を訪ねると、夏休みに入った子どもたちが水遊びで大はしゃぎしていた。強い日差しで一層輝きを増した湖面は「草入り水晶」そのものだったが、水晶とは似ても似つかぬものが湖底にあると聞けば心穏やかではいられない▼その正体は「マイクロプラスチック」と呼ばれる微粒子状のプラスチックごみ。レジ袋、包装容器、ストローといった身近なモノが壊れて生じるという。海洋汚染の要因となり、誤飲した魚や鳥への影響が懸念されている▼その物質が江津湖の底にも蓄積している、と熊本大の研究チームが先月、明らかにした。子どもが使うポリプロピレン製のスコップが発生源の一つらしいとの実験結果もまとまった。水辺の子どもたちには何の罪もないが、その手元についつい目が向いた▼先の国会で、プラスチックを使う事業者はごみの排出抑制に努めるよう法律が改正された。罰則はないが、汚染の広がりを思えば決して空文化させてはなるまい▼蘆花は兄の蘇峰から「怒り虫」と言われる性格だった。各国で使い捨てプラスチックを規制する動きが広がる中、対策が遅れ気味の日本の現状を知れば、腹の虫が治まらないかもしれない。「草入り水晶」のような水環境を守れ-。泉下から、そんな声が聞こえてきそうだ。


引用終わり。

西日本新聞にもマイクロプラスチックの記事が再度掲載されていました。
海を汚染するマイクロプラスチック 私たちにできることは(西日本新聞)


江津湖を会場に計画されている全国都市緑化フェアでも、プラスチックやビニールを極力使わなくて済めばよいですね。



<草入り水晶過去記事>

草入り水晶
草入り水晶 2012
草入り水晶 2015

清流と水草6-090921
2009/9月撮影 熊本市立博物館にて

引用:
熊本日日新聞WEB版/新生面/コラム(2018年7月25日)
西日本新聞WEB版/耕運記(2018年7月25日)


2018.07.21    カテゴリ:  植物 

   オキチモズク

 
江津湖上流のオキチモズク
淡水性の紅藻類です。

オキチモズク180715-284藻器堀川(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(29mm) f6.3 1/180秒 ISO160



2018/7月撮影 江津湖にて




Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog