FC2ブログ

2018.06.29    カテゴリ:  水辺の工法 

   江津湖の多自然護岸

 
江津湖上流の加勢川で多自然護岸による工事が終わったのが1997年1月、その頃に撮った写真です。

木材や石を組んで護岸を固める木工沈床工や杭柵工がもの珍しく、また魚の住みかに良さそうだと直感したのでした。
土木や生物分野の専門家による何らかの助言があり、熊本県の土木部署が形にしてくれたのでしょう。


江津湖多自然-1_1997年1月_サイズ変更

江津湖多自然-2_1997年1月_サイズ変更




下の写真には、今はないボート小屋(右側の茶色の壁の建物)が写っています。

江津湖多自然-3_1997年1月_サイズ変更





下は工事完成から約3年が過ぎた、2000年頃に撮った写真です。

江津湖多自然-5_2000年くらい_サイズ変更
江津湖多自然-4_2000年くらい_サイズ変更
江津湖多自然-7_2000年くらい_サイズ変更





下は工事完成から20年が過ぎた2017年2月に撮った写真です。

170219-045サイズ変更




下は2018年5月に撮った写真。
岸辺にアキニレなどの木が根付いてだいぶ大きくなっています。

2018-05-04 17-12-15 - 0089サイズ変更


昔から土手に湧水があり、足元が汚れやすいところで、子供のころにはここでズボンを汚して祖母にしかられたものでした。
ここに舗装した歩道やコンクリート護岸が整備されなくて実によかったです。現在は湿った環境を好む希少な植物をはじめ、淡水紅藻類、魚類、エビ・カニ類などがよく見られるし、土手の湧水が多自然護岸から水中に抜けるなど、江津湖の良い部分を残すことになったからです。


清水正元氏の著書「阿蘇山麓からの提言 澄んだ湖をつくる」には、スイゼンジノリの主産地であった神水本町松島付近を含む、上流域左岸の重要な湧水域に湖岸道路ができて、都市化が進み、人が定着するにつれ昔の姿が失われたとあります(p.138)。また、下江津湖右岸の江津塘(えづども)の工事では、昭和58年にサイクリング道路設置のため(鋼矢板で)大規模護岸され、マコモやヨシの汀(なぎさ)が消え、多くのドブガイが死滅し、小魚類と小鳥の住みかが消えたとあります(p.148、231)。出入りする大勢の人間によって加えられる自然への圧力が、自然破壊の大きな原動力となるだろうことは疑う余地がない(p.232)、安易な公園化は自然破壊につながるとも書かれています(p.232)。

靴を汚したくない人、快適にランニングやサイクリングをしたい人は、江津湖を今以上に便利に変えようとするのではなく、たくさんある他の舗装された公園に行けばいいだけです。



江津湖にて撮影

参考:
阿蘇山麓からの提言 澄んだ湖をつくる 清水正元著 朝日新聞社


Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog