FC2ブログ

2018.10.08    カテゴリ:  江津湖以外 

   ヤマメ

 
 
ヤマメ181007-156(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(49mm) f5 1/180秒 ISO160



ヤマメ181007-159
E-620 ZD14-54mmⅡ(52mm) f5 1/180秒 ISO100



2018/10月撮影 福岡市博多湾流入河川にて

2018.10.04    カテゴリ:  江津湖以外 

   シマイサキ


初めて近所の河口部、つまり汽水域をのぞいてみました。


よく分からない魚たちがちらほら。
図鑑とにらめっこしつつ、、、シマイサキだと思います。

シマイサキ181003-153_700
E-620 ZD14-54mmⅡ(27mm) f5 1/180秒 ISO100


シマイサキ181003-242_700
E-620 ZD14-54mmⅡ(54mm) f5 1/180秒 ISO100




2018/9月撮影 博多湾流入河川にて

2018.06.19    カテゴリ:  江津湖以外 

   ヤマトシマドジョウ


田植え時期の福岡県の水路。
ヤマトシマドジョウがいました。

染色体数の違いから5つの集団が知られています。写真は染色体数82本の集団(Y82)のもので、有明海流入河川集団(Y86)とはまた異なるのですね。


ヤマトシマドジョウ180617-01
E-620 ZD14-54mmⅡ(37mm) f7.1 1/180秒 ISO200


繁殖期は5〜6月頃で、岸際にある植生域の根際などで産卵するそうです。





連れ立って瀬を遡上する個体。

ヤマトシマドジョウ180617-02
E-620 ZD14-54mmⅡ(46mm) f7.1 1/180秒 ISO160

1980年代中頃までは、江津湖が増水すると河童堀にもヤマトシマドジョウがたくさん遡上していたものでした。



2018/6月撮影 福岡県水路にて

参考:
中島淳・内山りゅう.日本のドジョウ 形態・生態・文化と図鑑.山と渓谷社.2017

2016.09.13    カテゴリ:  江津湖以外 

   ヤマトシマドジョウ (福岡県)

 

福岡のとある水路です。

ヤマトシマドジョウがたくさんいました。
ただし、ごく狭い範囲に集まっていただけで、決してどこにでもいる訳ではありません。
 
ヤマトシマドジョウ160911-1
E-620 ZD50mm Macro f7.1 1/180秒 ISO200




体の模様にもそれぞれ個性があります。

ヤマトシマドジョウ160911-2
E-620 ZD50mm Macro f7.1 1/180秒 ISO200




ヤマトシマドジョウ160911-3
E-620 ZD50mm Macro f7.1 1/180秒 ISO200




ヤマトシマドジョウ160911-4
E-620 ZD50mm Macro f7.1 1/180秒 ISO200




ヤマトシマドジョウ160911-5
E-620 ZD50mm Macro f7.1 1/180秒 ISO200




ヤマトシマドジョウ160911-6
E-620 ZD50mm Macro f7.1 1/180秒 ISO200




下の写真は上と同じ個体です。

ヤマトシマドジョウ160911-7
E-620 ZD50mm Macro f7.1 1/180秒 ISO200





ついでに子供が見つけた殻長3㎝ほどの稚貝です。ヌマガイのように見えます。この水路で生きたイシガイ類を初めて見ました。

ヌマガイ稚貝160911
E-620 ZD50mm Macro f7.1 1/180秒 ISO400



2016/9月撮影  福岡県の水路(江津湖以外)にて

2015.08.02    カテゴリ:  江津湖以外 

   ヤマトシマドジョウ (福岡県)

 
福岡のクラシックな水路で、ヤマトシマドジョウを狙いました。

3、4枚目はポートのレンズを結露で曇らせてしまいました。
潜水前にポートを洗ったので、水滴がわずかに残っていたことが問題でした。
湿度が高い日に冷たい水中へ潜っても同じことが起こります。


ヤマトシマドジョウの方は、全長が10cm以上の大物から、5cm以下の稚魚までいたので安心しました。
 
ヤマトシマ150801-1
E-620 ZD50mm Macro f8 1/160秒 ISO200




ヤマトシマ150801-2
E-620 ZD50mm Macro f8 1/180秒 ISO250




ヤマトシマ150801-3
E-620 ZD50mm Macro f8 1/180秒 ISO400




ヤマトシマ150801-4
E-620 ZD50mm Macro f8 1/160秒 ISO250



2015/8月撮影 福岡県にて (江津湖以外)

2014.09.17    カテゴリ:  江津湖以外 

   続 ヤマトシマの楽園

 
クラシックな水路の続き。

水路の一部は環境に配慮して木柵で護岸されています。
その木柵の傍らには、ヤマトシマドジョウ。
縦杭の陰では結構みました。

yamato140914-1.jpg
E-620 ZD14-54mmⅡ(14) f8 1/100秒 ISO400 UFL-1(TTL)


驚くと砂に潜ります。
粉のように目の細かい砂なので、中に潜り込むにも都合が良さそうです。

yamato140914-2.jpg
E-620 ZD14-54mmⅡ(54) f5.6 1/180秒 ISO400 UFL-1(TTL)


砂の上からそっと手のひらをかぶせ、写真を撮って放流。

yamato140914-3.jpg
E-620 ZD14-54mmⅡ(14) f8 1/100秒 ISO400 UFL-1(TTL)


ヨシノボリ類。

yamato140914-4.jpg
E-620 ZD14-54mmⅡ(54) f8 1/100秒 ISO400 UFL-1(TTL)


ドンコ。

yamato140914-5.jpg
E-620 ZD14-54mmⅡ(54) f8 1/125秒 ISO400 UFL-1(TTL)


その他オイカワ、カワムツ、ギンブナ、ムギツク、イトモロコ。
特にマコモが茂る区間では数が多かったです。

イシガイ類が見当たらないせいか、タナゴ類は見ませんでした。
唯一、イシガイの殻が一つ。

yamato140914-6.jpg
E-620 ZD14-54mmⅡ(54) f5.6 1/160秒 ISO400 UFL-1(TTL)


この水路は過去に改修され、少なくとも6年以上が経過しているようです。

護岸はアンカー式空石積工法が用いられ、ヨシノボリ類やムギツクなどが隙間に入ることはできます。
しかし裏込の割栗石が細かいため、伝統的な空石積のようにウナギなどが入るのは難しいようです。

木柵区間はいずれ朽ちるので、修繕が必要になると思いますが、
できれば今と同じ(擬木ではない)木柵でやってもらいたいです。

というようなことを地元の方とお話したのでした。


自分への戒め
「子供から目を離すな」


2014/09/14撮影 福岡県内の水路にて

2014.09.16    カテゴリ:  江津湖以外 

   ヤマトシマの楽園

 
福岡県内のクラシックな水路に行きました。

粉のように細かい砂が広がり、
適度に沈水植物が生えとても気持ちよさそうでした。

ヤマトシマドジョウやカマツカの姿。

yamato140913-1.jpg
E-620 ZD14-54mmⅡ(22) f5.6 1/180秒 ISO200 UFL-1(TTL)

yamato140913-2.jpg
E-620 ZD14-54mmⅡ(46) f5.6 1/180秒 ISO200 UFL-1(TTL)

yamato140913-3.jpg
E-620 ZD14-54mmⅡ(46) f5.6 1/180秒 ISO200 UFL-1(TTL)


大型の個体からチビまで、
様々なサイズのヤマトシマドジョウに溢れていました。
30年前の江津湖神水でもこのような光景が見られていました。

yamato140913-6.jpg
E-620 ZD14-54mmⅡ(54) f5.6 1/180秒 ISO200 UFL-1(TTL)


枝水路へ入ると水温が冷たく感じられたので、
湧水があるのかもしれません。

yamato140913-4.jpg
E-620 ZD14-54mmⅡ(50) f8 1/80秒 ISO200 UFL-1(TTL)

yamato140913-5.jpg
E-620 ZD14-54mmⅡ(52) f8 1/180秒 ISO200 UFL-1(TTL)


オオカナダモ、エビモ、それとこの藻。

yamato140913-7.jpg
E-620 ZD14-54mmⅡ(14) f8 1/180秒 ISO200 UFL-1(TTL)

yamato140913-8.jpg
E-620 ZD14-54mmⅡ(54) f8 1/100秒 ISO200 UFL-1(TTL)


2014/09/13撮影 福岡県内の水路にて


Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog