FC2ブログ

2019.04.07    カテゴリ:  江津湖以外 

   麦畑とヒバリの声


天気がとてもよく、江津湖に行きたかったのですが諸事情で諦め。
子供らが部活から戻ってくるまで、福岡県内の伏流水のある水路へ。


水路の下流域。
直上にあるオオカナダモ地帯が濁りの粒子を沈降させ、水が澄みきっていました。
カゼトゲタナゴやアブラボテがいました。

カゼトゲタナゴ190406-026(700)
E-620 ZD50mm Macro f5 1/180秒 ISO200





水路を遡上して中ほど。
少し濁りが入っていましたが、二枚貝があるので産卵行動や腹黒のオスの闘争も見られます。

カゼトゲタナゴ190406-123(700)
E-620 ZD50mm Macro f5 1/180秒 ISO160

カゼトゲタナゴ190406-144(700)
E-620 ZD50mm Macro f5 1/180秒 ISO160





さらに遡上したところ。
澄んだ深みにカゼトゲタナゴがたくさんいました。ここにも二枚貝があります。

下の写真はラスボス的なオス。大柄で腹が黒く、物陰から時々貝があるらしいところをパトロールして占有しているようでした。
のどかなカゼトゲにしてはなかなか警戒心が強い個体です。

カゼトゲタナゴ190406-175(700)
E-620 ZD50mm Macro f5 1/180秒 ISO160


ここではそのほか、アブラボテ、バラタナゴ、ヤリタナゴ、フナ、オイカワ、モツゴ、イトモロコ、ミナミメダカ、ナマズを確認。
バラタナゴは複数個体を目撃。




バラタナゴです。

ニッポンバラタナゴ190406-204(700)
E-620 ZD50mm Macro f5 1/180秒 ISO160






水面を泳ぐミナミメダカ。

ミナミメダカ190406-232(700)
E-620 ZD50mm Macro f5 1/180秒 ISO160




2019/4月撮影 福岡県内水路にて

2019.03.10    カテゴリ:  江津湖以外 

   ヤリタナゴ

 
頭が煮詰まってきたので、川へ逃避しました。
春産卵のヤリタナゴを見に。。

雄の婚姻色はまだこれからです。
腹のふくれたメスがたくさんいて、石に着いた何かを盛んに食べています。
ここでの産卵盛期はもう少し後のようです。

ヤリタナゴ190309-091(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(54mm) f5 1/160秒 ISO200



ヤリタナゴ190309-094(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(54mm) f5 1/160秒 ISO200

江津湖ではもう見られなくなった光景です。


2019/3月撮影 熊本県内小河川にて


Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog