FC2ブログ
アルバム
カテゴリ
プロフィール

かくびんた

Author:かくびんた
70年代熊本市生まれ。
出水小卒。今は福岡。
♪画図の湖凪ぎて
♪西に金峰 東阿蘇

e-mail
kakubinta@gmail.com
検索フォーム
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント

2019.05.01    カテゴリ:  江津湖以外 

   春の雨

 
雨が続きました。

雨190429-12(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(14) f5 1/60秒 ISO200




池のいたるところでアメリカザリガニが交尾していました。

アメリカザリガニ190429-08(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(25) f5 1/180秒 ISO200




オイカワたちが石に着いた藻類を食んでいました。熊本ではハエと呼ばれます。

オイカワ190429-91(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(50) f5 1/100秒 ISO250




みかけに寄らず実はかなり敏捷なドンコ。熊本ではドンカッチョやドグラと呼ばれます。

ドンコ190429-19(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(33) f5 1/180秒 ISO200




今日はウグイを見に来たのでした。熊本ではイダです。
雨だからといって産卵していなかった。個体数も少なかった。みんなどこ行った?

ウグイ190429-57(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(33) f4 1/80秒 ISO250





大型個体の鼻先(吻)が伸びてます。産卵時に礫底を掘るためなんでしょうね。
メスなんですかね。変わってる。

ウグイ190429-39(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(27) f3.5 1/100秒 ISO200



2019/4月撮影 熊本県内湧水池にて

2018.08.24    カテゴリ:  魚類 

   オイカワの産卵



平瀬でオイカワが闘争と産卵を繰り返していました。


オイカワ180818-196江津湖700
E-620 ZD14-54mmⅡ(38mm) f4 1/180秒 ISO100



オイカワ180818-193江津湖700
E-620 ZD14-54mmⅡ(38mm) f3.2 1/180秒 ISO100



オイカワ180818-164江津湖700
E-620 ZD14-54mmⅡ(48mm) f5 1/180秒 ISO100





産卵されたところを掃除するかのようにはい回るのはカマツカ君。

カマツカ180818-148江津湖(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(41mm) f5 1/180秒 ISO100


2018/8月撮影 江津湖にて

2018.05.08    カテゴリ:  江津湖以外 

   春の小川

 
 
熊本市内の小川を観察しました。



えぐれて深くなったところにはオイカワ、カワムツ、アブラボテ、ヤリタナゴなど。

春の小川180504-209_700
E-620 ZD14-54mmⅡ(23mm) f7.1 1/200秒 ISO250 自然光


ヤリタナゴなど180504-215_700
E-620 ZD14-54mmⅡ(23mm) f7.1 1/180秒 ISO250






障害物周りにはイトモロコ。

イトモロコ180504-222_700
E-620 ZD14-54mmⅡ(49mm) f7.1 1/180秒 ISO250






開けた瀬にはカマツカ。

カマツカ180504-120_700
E-620 ZD14-54mmⅡ(25mm) f7.1 1/180秒 ISO200

カマツカ180504-126_700
E-620 ZD14-54mmⅡ(44mm) f7.1 1/180秒 ISO200

カマツカ180504-227_700
E-620 ZD14-54mmⅡ(49mm) f7.1 1/180秒 ISO250







砂に潜るドンコは珍しいかも。

ドンコ180504-255_700
E-620 ZD14-54mmⅡ(31mm) f7.1 1/180秒 ISO250







ヤマトシマドジョウもいました。

ヤマトシマドジョウ180504-241_700
E-620 ZD14-54mmⅡ(17mm) f7.1 1/180秒 ISO250

ヤマトシマドジョウ180504-245_700
E-620 ZD14-54mmⅡ(29mm) f7.1 1/180秒 ISO250

ヤマトシマドジョウ180504-189_700
E-620 ZD14-54mmⅡ(28mm) f7.1 1/180秒 ISO250






子供がスナヤツメ(南方種)のアンモシーテス幼生を捕まえました。

スナヤツメ幼生180504-295_700
E-620 ZD50mm Macro f8 1/160秒 ISO250 自然光





スナヤツメは一生を淡水域で過ごします。

幼生期は泥中で生活し、泥中の有機物を食べて成長し、変態して成体になると餌を採らないそうです。
幼生は目が未発達で口は裂溝状。

スナヤツメ幼生180504-093_700
E-620 ZD50mm Macro f5.6 1/160秒 ISO400 自然光




2018/5月撮影 熊本市内の小川にて(江津湖以外)
参考:
・山渓ハンディ図鑑15 日本の淡水魚(編・監修/細谷和海、写真/内山りゅう).2015.山と渓谷社

2018.02.18    カテゴリ:  魚類 

   夏のオイカワ

 
 
今頃になって、石牟礼道子さんの「苦海浄土」を読んでみたり。



写真は一昨年江津湖で撮ったオイカワ。


オイカワ160731-055江津湖700
E-620 ZD14-54mmⅡ(52mm) f7.1 1/180秒 ISO400


2016/7月撮影 江津湖にて


Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog