最近の記事

2017.11.20    カテゴリ:  風景 

   熊本バス 大曲のりば

 
 大曲171103-450江津湖
E-620 ZD14-54mmⅡ(14mm) f7.1 1/250秒 ISO250



2017/11月撮影 江津湖にて

2017.11.16    カテゴリ:  植物 

   湿地帯のミゾソバ

 
 
 
溝や川岸の湿った所に生えるミゾソバ
満開です。

ミゾソバ171103-283江津湖
E-620 ZD14-54mmⅡ(14mm) f5.6 1/500秒 ISO200


ミゾソバ171103-188江津湖
E-620 ZD14-54mmⅡ(54mm) f7.1 1/250秒 ISO320


ミゾソバ0171103-326江津湖
E-620 ZD14-54mmⅡ(49mm) f8 1/400秒 ISO200



2017/11月撮影 江津湖にて

2017.11.10    カテゴリ:  昆虫類 

   ベニトンボ

 

季節柄、トンボの数も少なくなってきたところですが、とある方に教えてもらって、ベニトンボを探してみました。
ベニトンボは、江津湖の石の上や岸際の植物の上にとまっていました。

成熟したオスは全身が紫がかった赤色です。

ベニトンボ171103-503江津湖_サイズ変更
E-620 ZD14-54mmⅡ(54mm) f5 1/320秒 ISO400




カメラを構えて30cmくらいまで近づいても、あまり逃げません。

ベニトンボ171103-518江津湖_サイズ変更
E-620 ZD14-54mmⅡ(52mm) f5.6 1/250秒 ISO500





顔をカキカキ中のベニトンボ。
体長4cmくらいです。江津湖でよくみかけるシオカラトンボよりも小型で、腹部の下の方が少し幅広になっています。

ベニトンボ171103-530江津湖_サイズ変更
E-620 ZD14-54mmⅡ(33mm) f5.6 1/250秒 ISO500




ベニトンボは、平地から丘陵地の透明度の高い池沼やダム、河川の淀みなどでみられます。
かつては鹿児島県の一部にのみ分布した南方系のトンボらしいのですが、1980年代以降分布域が台湾から急速に北上しており、江津湖でも最近は毎年確認されているようです。

ベニトンボ171103-534江津湖_サイズ変更
E-620 ZD14-54mmⅡ(33mm) f5.6 1/250秒 ISO500


ほかにミヤマアカネも成熟したきれいな個体がいましたが、うまく写真に撮れませんでした。



2017/11月撮影 江津湖にて
参考:ネイチャーガイド 日本のトンボ(尾園暁、川島逸郎、二橋亮).2012年7月.株式会社 文一総合出版


Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog