FC2ブログ
最近の記事

2020.01.16    カテゴリ:  江津湖以外 

   カジカ中卵型

 
カジカ中卵型(Cottus sp.)。

全長12~18cm。胸びれ条数13~16。
河川で産まれた仔魚は2~3週間内湾で過ごし、稚魚は成長のため再び河川を遡上する両側回遊型。
大卵型よりやや下流域に生息し、石礫底の小岩のすき間に身を潜める。


カジカ中卵型141123-055
E-620 ZD14-54mmⅡ(54) f6.3 1/125秒 ISO400


繁殖期は3~4月。メスが浮石の下に卵をさかさまに産みつけ、オスが卵塊を保護する。
卵の直径は2.2~3.3mm、小卵型よりも大きく、大卵型よりも小さい。
主に水生昆虫類を餌とする。

清水正元氏の著書「澄んだ湖をつくる 麓からの提言」では、江津湖でカジカやギバチが絶滅したことが書かれており、これはカジカ(中卵型)が緑川水系で絶滅したことを意味しているのだと思います。
海から川に遡上しようとするカジカの稚魚たちは、下流域の堰を乗り越えきれなかったのでしょう。

カジカ中卵型191123-315(700)
E-620 ZD50mm Macro f5 1/250秒 ISO400 自然光

また最近の研究では、九州のカジカ大卵型(陸封型)と中卵型(両側回遊型)は同種の可能性があると考えられているようです。
カジカたちにこれ以上とどめを刺すくことがないよう、私たちはやっていけるのかどうか。


2014/11月、2019/11月撮影 有明海流入河川にて(江津湖以外)

参考:
・山渓ハンディ図鑑15 日本の淡水魚(編・監修/細谷和海、写真/内山りゅう).2015.山と渓谷社
清水正元.澄んだ湖をつくる 麓からの提言.1984.朝日新聞社.143-144頁
・菅野ほか.九州産カジカの形態的・分布的・遺伝的特性:単系統内における生活史2型の仮説.Ichthyological Research 65(4).2018.日本魚類学会.462-470頁
https://oikawamaru.hatenablog.com/entry/20180606/p1

2020.01.05    カテゴリ:  魚類 

   冬のオイカワ

 
湧水の流れに日光が差し込んでいました。
いつの間にか水草が光合成を始め、小さなたくさんの気泡が水面へと浮き上がっていきます。

上江津湖湧水域の水温は、年間を通して18~20℃であり、一般的な冬の川と比べるとずいぶん温かいです。

そうしたところで、まだ若いオイカワOpsariichthys platypus(Temminck and Schlegel,1846))たちはのんびりと冬を過ごしているように見えました。

オイカワ20200101-123(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(54) f5 1/125秒 ISO250


2020/1月撮影 江津湖にて
参考:
・山渓ハンディ図鑑15 日本の淡水魚(編・監修/細谷和海、写真/内山りゅう).2015.山と渓谷社
浅川牧夫・開田耕.江津湖・加勢川水系および木山川水系における水温変化とAeromonas 属細菌および大腸菌群の分布.熊本大学教育学部紀要 自然科学46.1997.熊本大学教育学部.219-234頁

2020.01.03    カテゴリ:  遊び 

   セリ摘み

 
正月にいつもの場所でセリ摘みをしました。

また若くて小さかったですが、たくさんありました。
子供らと10分ほどで、小さな袋いっぱい。

福岡に持ち帰ってから軽めにゆでで、

セリ20200103-1



うすくち醤油、すりごま、鰹節とあえて完成です。

セリ20200103-2

子供らもセリと他の植物とを見分けるようになりよかったです。


2020/1月撮影 福岡の自宅にて


Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog