FC2ブログ
最近の記事

2019.01.11    カテゴリ:  江津湖以外 

   センニンモ


水路を眺めていたら、センニンモらしい水草がありました。

センニンモ190109-61(700)
E-620 ZD50mm Macro f2 1/180秒 ISO400
  

昭和10年に描かれた江津湖の植生図によると、センニンモは江津湖でも健軍川の流れ込み付近に広がっていたようです。昭和62年の調査でも、上江津湖上流域の左岸で少量が確認されているようです。
ちなみに今では全く見あたりません。

センニンモ190109-29(700)
E-620 ZD50mm Macro f2 1/80秒 ISO400


移植はダメですが、江津湖でもまた自然と生えてこんかなぁ。


2019/1月撮影 菊池川水系の水路にて

2019.01.05    カテゴリ:  江津湖周辺地域 

   全国都市緑化くまもとフェア基本構想書(素案)に関するパブリックコメント(意見募集)


熊本市では、タイトルにあるような意見募集がされています。締め切りは1月31日です。

→ (リンク)意見募集のページ



緑化フェアでは、水前寺江津湖公園が会場の一部となる予定で、計画には「水前寺成趣園から拡がる歴史・文化の発信と江津湖全域での回遊性の向上」とあります。

市長のマニュフェストにも「江津湖周辺に歩いて楽しめる遊歩道等の整備を行う」というのがあったけど、江津湖にはもう道はいらないかな(個人的な意見)。

2019.01.05    カテゴリ:  魚類 

   江津湖にて 2019年1月

 
冷え込んだ新年の熊本盆地。

江津湖では深みや湧水地を中心に、色々な魚を見ました。ただしコイ(飼育型)などの、国内外からの外来種も目立っています。



下の写真はジルティラピア(国外外来種)。

ジルティラピア190102-197(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(54mm) f5 1/180秒 ISO160




タモロコ(国内外来種)。

タモロコ190102-065(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(54mm) f5 1/60秒 ISO160




ゼゼラ(国内外来種)。

ゼゼラ190102-120(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(46mm) f5 1/180秒 ISO160




オヤニラミ(国内外来種)。

オヤニラミ190102-185(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(54mm) f4 1/180秒 ISO200




コイ飼育型(第3の外来種・国外外来種)。

コイ飼育型190102-046(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(28mm) f5 1/60秒 ISO160




以下は、在来種と思われるムギツク、ウキゴリ、カマツカ、イトモロコ。

ムギツク190101-104(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(54mm) f4 1/160秒 ISO200

ウキゴリ190101-149(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(41mm) f4.5 1/125秒 ISO200

カマツカ190101-127(200)
E-620 ZD14-54mmⅡ(32mm) f4.5 1/180秒 ISO200

コウライモロコ190102-062(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(50mm) f5 1/60秒 ISO160





こちらも在来系統であって欲しい、フナです。
警戒心の強いフナですが、なんとか近づくことができました。

フナ190102-099(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(42mm) f5 1/180秒 ISO200

フナ190102-144(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(54mm) f5 1/180秒 ISO200



そのほか、1匹のカネヒラが泳いでいたのはとてもうれしかったです。ただ1匹のカネヒラに喜びを覚える時が来るとは、江津湖で遊びまわっていた子供の頃には思いもよらなかったことです・・・。


2019/1月撮影 江津湖にて
参考:
2017 年度 市民公開講座 「第3の外来魚問題」— 人工改良品種の野外放流をめぐって — (日本魚類学会 2017 年 7 月)
日本の自然水域のコイ:在来コイの現状と導入コイの脅威.シリーズ・Series 日本の希少魚類の現状と課題.魚類学雑誌 64(2):213–218(2017 年 11 月 25 日)





Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog